スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'17.7.19釣行記

7/19、釣友のシムラーさんと釣行。
ハードな源流釣行。
歩いた距離に見合う釣果と、源流のヤマトイワナの調査も…する予定でした^^;

でも、前日になって釣行場所を変更。
私にとっての釣りは、遊びです。体の不調や、家庭の都合に優先してまですることはないのです。出来るときには、トコトンやればいい。

最初にヒットがあったのは、こちらのポイント。
タイヤがありますが、いつからあるのか知りません。別の川では、車が残っていたり、マネキンがあったりと、川にはいろいろな物がありますね。

ssP7190019.jpg

1匹目でいいサイズの25cm。左岸側の流れの中から出てきました。
もう、満足。ここから上は、ルアーでは厳しい場所だから。

ssP7190004.jpgssP7190008.jpgssP7190009.jpg

シムラーさんにもヒットがあり、納得の一枚。

ssP7190029.jpg

こちらのポイント。
シムラーさんが攻めた後で、休憩としました。

ssP7190038.jpg

私が、新しいミノーを持って行ったので、ご披露。
これこれ、こんな感じで泳ぐミノーらしいです。って、私もわからない。

「ちょっと、泳ぎを確かめてみたいです。」とキャストした、2投目でヒット。

ssP7190033.jpgssP7190036.jpg

こんな感じの涼しい場所でした。シムラーさん、ありがとうございました。また行きましょうね。

ssP7190043.jpgssP7190044.jpgssP7190049.jpgssP7190050.jpg
スポンサーサイト

'17.6.12釣行記

この場所。狙いは、尺ッキーだ。頭の中で「DECISIVE BATTLE」がエンドレスモードで流れている。

一番いい流れに、一番デカい奴が定位しているはず。そいつを取る。

ssP1070522.jpg

チェイスをさせて、喰わせられなかったら終了だ。
ここは、アップでキャストし、イワナの目の前にルアーを通してやるだけだ。

さあ、どこに投げる。一投勝負。

バシッとヒット。完璧だ。
手前まで寄せてくると、頭がデカい。やったかと思ったけど、測ってみると27センチ。俺の負けだな。

ssP1070535.jpgssP1070530.jpg

でも、アップで撮影映えのする、きれいなイワナでした。

'17.5.31釣行記

5/31に休みを取ることが出来たので、釣友のシムラーさんに連絡。

mckee「休みが取れたので、一緒に釣りに行きましょう。」
シムラー「もう一人連れて行くけどいいか?」
勿論、welcomeです。

ルアー3人で、どこへ行こうかと考えていましたが、シムラーさんの提案により決定。
よし、行って見ようじゃないか。リベンジしなければならない場所。

当日、初めてお会いした「黒猫」さんに、ファーストヒット。
いいサイズのイワナに、いい笑顔。黒猫さん、カッコ良かったです。

ssP1070280.jpgssP1070282.jpg

その後、シムラーさんにもいいイワナがヒット。シムラーさん、ニンマリしてますよ^^

ssP1070290.jpgssP1070292.jpg

私はと言えば…ネットを構えたらバレル、足元まで寄せて来てリリースとダメダメです。

こんな場所もありますが、基本的には開けた明るい渓。

ssP1070272.jpg
ssP1070285.jpgssP1070284.jpg

こちらのポイントでヒット。抜きあげて、ランディング。
ssP1070309.jpg

ヤマトイワナの血を受け継いでいるタイプ。きれいなイワナでした。

ssP1070330.jpgssP1070323.jpgssP1070321.jpgssP1070334.jpg

GWのリベンジのつもりで行きましたが、まだまだでした。もう1回は、行かないとリベンジ出来ないです。
シムラーさん、黒猫さん、一日お付き合いして頂き、ありがとうございました。行って、帰ってくるまで9時間45分、とても楽しかったです。

’17.5.9釣行記

GWも終わった、5/9に釣行。GW終わったのに、また休みか!と言われそうですが、シフト休が後ろに2日あったので、たまたま11連休になってしまっただけです。

GWの楽しかったことは、釣友のいわなたろうさんと、飛島さんのブログをご覧ください^^

いわなたろうのFool's BAR

ブラウンなトラウト

小一時間歩いて、入渓。先ずは、こちらのポイント。右も左も落ち込みがある、石の下から出て来てヒットしたのは、朱点が鮮やかなイワナ。

ssP1070209.jpg

ssP1070204.jpgssP1070207.jpg

↑の画像だとヤマトイワナにも見えますが、ご覧の通りです。同じイワナでも撮り方によって、こんなにも違って見えるのだと、改め実感しました。

次のポイントは、こちら。
前回の釣行記と同じポイントでは?そう、同じですね。ヒットしたポイントや、反応があったポイントには、イワナが着く理由があります。そのポイントをスルーすることは出来ないので、キャストします。
やはり、居ました。尾鰭も綺麗なイワナ。

ssP1070211.jpg

ssP1070220.jpgssP1070225.jpg

水温が低く、あまり反応もない中、こちらのポイント。
2投目でヒットしました。まず、後ろを振り返り、撮影ポイントを探しましたが適当な場所が見当たりません。それで、画像に処理をしてある所に撮影ポイントを作るのがベストと考えました。勿論、ヒットポイントは分かっていただけると思います。

ssP1070231.jpg

撮影のため、ポイントを潰してしまう前に、キャストするのが当たり前。
右岸側のこちらのポイントでもヒット。久しぶりのツーショット。

ssP1070247.jpg

ssP1070232.jpgssP1070234.jpgssP1070244.jpg

帰りにちょこっとだけ、山の恵みを頂きました。

ssP1070260.jpg

帰宅中に後輩と車ですれ違いました。後日、「あの時間に、もう帰って来たんですか?」と言われました。
まあ、一人で釣ってる時は、ラン&ガンなので鬼ペースかも。

’17.4.24釣行記

もうすぐGWとなる4/24、釣行した。GWに釣友達といつもの釣り&キャンプがある。もしかしたら、「行きたい。」って言う釣友がいるかもしれないので、溪の様子を見ながらの釣行。

駐車場所には、既に車が止まっていました。林道を1時間ほど歩いて、入渓地点へ。

30分程釣り上がって、こちらのポイント。もう、「いかにも。」っていうポイントです。
影になっている、石の奥にスプーンをキャストし、着水と同時にリリーング。その瞬間、石の下から尺オーバーが、ガバっと出て・・・くるはず。

ssP1070074.jpg

↑こんな感じをいつでも狙っていますが、まあ中々ないですよ。でも、出てきました。下流側の石の下から、スーッと。で、追ってきて追ってきて、最後にヒット。サイズは尺もありませんが、狙い通りの釣り方なので納得の1匹。

ssP1070067.jpgssP1070072.jpg

撮影をしながら水温計を入れておいたのですが、3℃しかありません。水量を見て予想はしていましたが、雪代が入っていました。ちょいと厳しいかなと思いつつ、釣り上がります。ポイントはあるのですが、しばらくは反応もなく…

こちらのポイント。右岸の石下からヒットしたのは、この溪らしい「色白美人」です。ハッとするほどの白さ、きれいです。フラれてばっかりですが、惚れてます。

ssP1070087.jpgssP1070084.jpgssP1070086.jpg

さてと、最後のポイント。
居るのは、わかっている。でも、出るかどうかは分からない。数投目にヒット。いい引きでした。

ssP1070090.jpgssP1070092.jpgssP1070100.jpg

うまく撮れていませんが、1匹目、2匹目、3匹目と模様が違います。
3匹目だけが、ヤマトイワナでした。岩魚って面白いですね。
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。