スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手取川釣行記

11/9、10手取川釣行記

11/8ブログを更新した後で、やはり雨が降り出しました。まあ、仕方ないなと思い就寝。ホテルの窓ガラスに叩き付けるような雨音、風音で目が覚めたのはAM2:00でした。キツイ釣りになりそうだなと覚悟します。

6:30から受付開始なので、その前に現地へ向かいます。駐車場で待機していましたが、風圧で車が揺れますw管理棟の中に入って待っていると、一人の男性が入ってきて、「今日は中止ですよね?」と。受付の方が「いや、中止じゃないですよ」と答えると、「だって9時頃からもっと雨も風も強くなりますよ」と声を荒げます。「やる、やらないは本人が判断してください。」と受付の方が言うと、一緒に来た人に「納得がいかないから、市役所に文句言ってやる」とブツブツ言っています。その後、管理棟から出て行きましたが、その場にいた女性の方が一言。「イヤだったら、釣らなきゃいいのに」←ごもっとも!中止と言われれば従うだけですが、そうでなければ状況の判断は自分ですればいいことです。

受付をして、ポイントで待ちます。7:00になると同時に、キャスト開始です。下見時よりも少しだけ増水しています。1時間程してポイントを移動します。狙いはフライ区間との境目です。しかし、エサ釣りとルアーは岸からやって貰っていますと言われてしまいました。左岸に流れがあるので、ウェーディングしないとキャストしても届きません。ウェーディングできないのなら仕方ないので、別のポイントへ移動。

手取川のサケに釣戦するのは、今年で4回目。過去に3匹ヒットさせ、ランディングできたのは1匹だけです。初挑戦の時に釣った、76㎝、4.72㎏でした。3匹ともジャーク&フォールでヒットさせているので、今回もやってみます。(スレ掛かりじゃないですからね^^;)スプーンがボトムに着いているのがコツコツと伝わって来ます。水流でかなり押されているのでしょうか、新品のスプーンの塗装があっと言う間に剥げてしまいます。
時折、立っているのがやっとというような風が吹きつけます。10時を過ぎた頃、増水して来ました。そして、叩き付けるような雨。左岸側から、右岸側に向けて雨も風も向かってくるので、雨が顔に当たると痛いです。オーバーハンドでアップクロスにキャストしていましたが、ラインが風に流されスプーンが止まっているように見えます。ラインスラックも多くなってしまうので、サイドハンドで水面ギリギリにクロスでキャストしないと対岸付近まで届かないようになって来ました。

11/8の手取川です。ジーンズにスニーカーで釣りをしているルアーマンもいました。気温19℃。
ss-P1020379.jpgss-P1020380.jpg
11/9の手取川 気温15℃、水温11℃ 増水と濁り
ss-P1020385.jpgss-P1020386.jpg

11時頃、激しい雨が降ってきて、川に背を向けて耐えます。降って来たのは、ヒョウでした。気がつくと、大半のアングラーが車で待機しています。時折だった、ものすごい風が常時吹き荒れるようになりました。意地で何とかキャストを繰り返しますが、17㌘のスプーンではボトムを拾えなくなりました。仕方なく、私も車で待機することにしました。
「やっぱりツキが終わったな」と・・・思い出すのはつい先日のこと。11/4ラッキーなことが起こりました。最初は「スゲーついてるジャン」なーんて思ったのですが、そのうちに「何故このタイミングなんだ?これって今年のツキが、今この瞬間に集中してるよな」と思ってしまいました。11月にもなって今年のツキが一気に無くなった気がしました。サケ、釣れるのか?と・・・・いや、そんなことはない。まだ、少しだけツキが残っているはずだ。そう信じてキャストします。しかし、そんな思いは強風に飛ばされ、雨と共に流されて行きました。結局ヒットしませんでした。

ゼッケンを返し、金沢へ向かいます。定宿としている、創業360年の老舗旅館に泊まります。城下町の風情があるのと、「おみちょ」がすぐ裏にあるのが良いところですね。「おみちょ」とは近江町市場のことですが、11月初旬を迎えると石川県のカニ漁が解禁になります。私の釣行はこの解禁に合わせて予定をしています^^早速、おみちょへ向かい妹夫婦のところへカニを送ります。今年は香箱ガニも一緒に送りました。香箱ガニとはメスのカニのことです。妹が、オスとメスの違いを甥っこに説明してくれればいいのですが・・・

金沢に来ても、雨は降ったり止んだりですが時折強く降ります。地酒を呑みながら夕食を頂き、熱めのお風呂に入って就寝。翌11/10、TVを付けて天気をチェックします。昨日の天候状況から、手取川ダムが放水していて増水しているのは間違いないと判断する。焦っても仕方ないのでゆっくりと朝食を頂き、若女将の計らいで旅館の方にカニを扱っているお薦めの店に案内して貰いました。美味しいカニを買うことが出来たので、手取川へ向かいます。

現地へ着くと、想像していた通りに増水していました。11/9よりも30㎝以上は増水しています。流れも速いし、ボトムがとれない(釣れないだろうな)と判断し着替えません。釣友の自営業FF氏がいるはずなので、探します^^・・・FFはその時には3人しかいません。画像の真ん中が自営業FF氏です。近づいてしばらく見ていると、私に気がつきました。「寒いし、腰が痛い」と言うので、車まで戻り釣り談義。監視員にも話しを聞いてみると、9時の時点で誰も釣っていないとのこと。「もう、金沢へ観光に行こうかなと」と自営業FF氏が言うので、「せめて昼頃までやってみなよ。」そう伝えて、私は手取川を後にしました。

11/10 9時過ぎ 風は11/9よりはマシですが、気温は低いです。
ss-P1020388.jpg

ブログへコメントを頂いた皆様、携帯へ激励メールを頂いた皆様、ありがとうございました。自営業FF氏と共通の思いなのですが、「あと1匹釣るまではやめられない」ので、また釣戦しますよ~^^さて、今度はある本流でビッグトラウトへ釣戦してみようと計画を立ててみます。
スポンサーサイト
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。