渓流へ、再び雪かきに行く

仕事をしながら自問自答・・・
解禁日に釣れなかったのは、気合いが足りないからかな?(降雪の影響かと・・・)
もっと上流へ行ってみるのも「あり」かも・・・(←お前、バカだろw)

いえね、前から思っていたことがあるのですよ。新緑の季節に行くと、それはもう美しいあの渓・・・今頃の季節の風景はどうなっているのだろう?と。それに、「黒くサビた」イワナが釣りたいなと・・・
ss-P1020513.jpgss-P1020527.jpg
2011年2月21日。快晴^^もう向かってみるしかありません^^
入渓ポイントは2ヶ所。1ヶ所目にチラっと目をやると、足跡なしです。雪かき必至ですね・・・もう1ヶ所も・・・当然のように足跡なしです。こちらの方が入渓しやすいので、まずはこちらから・・・
ss-P1020508.jpg
最初の場所は、標高1,200メートル付近です。
急な斜面を下りて、川へ辿り着きます。とりあえずキャストするも、反応無し。
この先にポイントがあるのですが・・・無理は禁物。諦めます。
国有林で鳥獣保護区の中を流れる川。なので、今年もこちらがお供です。「○ヨナラ熊さん リミテッド・エディション」笑えるネーミングですが、良い音色がする素晴らしい熊鈴です^^
ss-P1020516.jpg

それでは、もう1ヶ所の入渓ポイントへ向かいますか・・・川は遙か彼方です・・・道程を知っているから挑みますが、そうでなければ絶対に行きませんwカモシカの足跡しかありません。雪が溶けて硬くなっていますが、気を抜いていると、「ズボッ」と足がはまります。
ss-P1020511.jpgss-P1020512.jpg

上流にある堰堤まで行きたい所ですが、この雪では無理です。でも、入渓ポイント付近にイワナがいるプールがあります。ここで勝負です。
ss-IMG_5099.jpg
オーバーハンドでロングキャスト。スプールから放たれるラインとルアーが陽光に輝き美しいです。しかし、ロッドのガイドが速攻で凍り付きます。水に漬ければすぐに溶けるはずですが、水温が低いため溶けませんw水温は1℃ありませんw
数投後に、右岸の大石の下からイワナが出てきたのが見えました。やっぱり、あの大石の下にいるんだな・・・大石の際をタイトに攻めるのではなく、ちょっと距離をおいてトレースすると・・・2~3匹がチェイスして来ました。良型もいます。同じコースをトゥィッチしてくると、チェイスして来たイワナが「ガツッ」とミノーを咥えます。

今シーズンのファーストヒットなので、凄く興奮するかと思いきや冷静です。ヒットした瞬間もバッチリ見えていますし、ドラグはゆるゆるなので、ローリングしているのも楽しみながらネットインです。
今シーズンの初ヒットは26㎝のイワナでした。その後、20㎝弱をヒットさせ、さらに24㎝ほどもヒットさせました。集合写真で2匹しかいないのは、3匹目に逃げられたからです^^;(やっぱり、ネットは2本必要ですねw)その後、もう1匹追加しました。思った程サビていませんが、いい感じですね~^^二者二魚とも美しいです。
ss-IMG_5125.jpgss-IMG_5133.jpgss-IMG_5122.jpg

もうここで満足です。昼前だけど、これ以上の遡行も厳しいし、帰るとするか・・・
でも、そこにいつも釣友達と見るポイントが・・・イワナがいるのは分かっているけど、下りていくのが難しいポイント。雪が降ったから逆に行けると思った私・・・同じように考えていた人がいたみたいですね^^足跡がありました。それでも、ルアーをキャストするとチェイスしてくるイワナがいます。数投後・・・あのポイントでヒットです^^
ss-P1020510.jpgss-P1020524.jpgss-P1020520.jpg

釣れたことに感謝ですね^^
苦労した甲斐があったと言うか、本当に良かったですよ^^やっとシーズンが開幕した気がしました。でも、これからが本番ですね^^
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR