スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫とりマスターになろう!

8/27「遊ん場(ゆんば)どきドキの森」で「理想の森プロジェクト2011」の第2回目が開催された。
夏休み明けから勤務シフトが変更になったため、参加できることになり楽しみにしていた。
ss-IMG_69291.jpg

あまり週末が休みにならないため、普段の活動にも参加できていないのだが、今回はスタッフとしての参加です。
参加者は親子の皆さんが多い。子供達はきっと楽しみにしていたに違いない^^まずは集合写真の撮影。
ss-IMG_69151.jpgss-IMG_69211.jpg

今回は、「里山にはどんな虫が住んでいるのか?何種類の虫を捕ることができるのか?虫のことに詳しい人から話を聞いてみよう」これらを通じて里山や自然に興味を持って欲しいと開催されました。
飯田市美術博物館学芸員の四方さんからお話があり、その後で参加者へミッションが出された。森に生息している、「虫を捕獲して来て」というもの。ただし、次の6種類の虫だ。
ss-IMG_69471.jpg

エンマコオロギ、オツネントンボ、ノシメトンボ、モンキチョウ、ムシヒキアブ、アカハネナガウンカ
写真を見ながら説明を受け、捕虫網を持った子供達が森へ駆けだして行く。いろいろな虫を捕まえた子供達が戻って来て、虫を鑑定してもらう。1種類でも正解すると、ご褒美として手拭いを貰うことができるのだ^^この手拭いはスタッフの方が染めたもので、カブトムシやクワガタムシなどの模様がある。ただし、どれか1枚だけを選ぶことが出来、どんな模様の手拭いかは、選んだ後で広げてみてのお楽しみとなっていた。
ss-IMG_68921.jpg

私は、カメラを持って森をウロウロとしていた。アカハネナガウンカを見つけ、撮影をしたのだが、何か変だなぁ・・・違和感があるので確認してみると・・・げっ!付けてきたレンズがマクロレンズじゃなかったw
ss-IMG_69591.jpg

そんな時、一組の親子と出会った。ちっちゃいお子さんとお母さんが、網も持たずに苦労している様だ。どうやら捕虫網はお兄ちゃんが持って行ってしまったようだ。ここは、スタッフとしてお役に立たねば^^一緒に虫を探し、エンマコオロギとアカハネナガウンカを無事に虫かごの中へ。
ss-IMG_69021.jpgss-IMG_69791.jpgss-IMG_69741.jpg

オニヤンマやカマキリを捕まえた人もおり、その気になって観察してみると沢山の虫が生息していることがわかった。子供達はゲームなんかもするだろう。だけど、虫とりも面白いと思って貰うことが出来たと感じました。わざわざ森へ来なくても家の周りにだって虫がいる。虫を通じて自然を感じたり考えて貰えれば嬉しいと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。