2011年手取川釣行記

11/17夜勤明けのまま、石川県手取川へ向かった。
ゆっくりと一般道で行こうかとも思ったのだが、高速道路で向かうことにした。眠くなってしまったら、SAやPA仮眠が出来るからだ。中央道から東海北陸自動車道を使っていくのだが、東海北陸自動車道はトンネルが多いし、対面通行もあるし、走って飽きるw結局、軽い休憩をしただけで美川まで到着した。
早速、受付で話を聞いて、川の様子を見る。減水しているが、遡上も見受けられるし、「ホッチャレ」も多い。釣り場を決めてから、撤収。
ssP1030002.jpgssP1030004.jpg

11/18割と早めにホテルを出たつもりだったが、現場には多くの人が集まっていた。既に狙っていたポイントも場所取りをされていた。仕方なく、その下流に陣取る。天気も良さそうで期待をする。
身支度をして、受付の列に並ぶ。予定の時間よりも早くに受付が開始される。漁協のオッチャンより説明があった。今年は、お昼に出前が取れるらしいw新たな試みかな?
ssP1030005.jpgssP1030007.jpg
受付後に運良く釣行日が重なっていた、釣友のattuuさんとがっちりと握手。お互いの健闘を祈る。
7時、キャスト開始。サケは対岸ギリギリを遡上しているので、そこを狙う。対岸にキャスト(完全に陸です)して水際へ落とす感じですね。あっと言う間に、スプーンの塗装が剥げます。しばらくすると、上流側(私が入りたかった場所)の人にヒットです。近くまで寄せて来たところで応援要請。「良かったら、掬って貰えませんか?」と。もちろんお手伝いするのだが、「俺のネットより、あなたのネットの方がはるかに大きいと思うのだが・・・」と内心で思いつつもランディングする。周囲の人から、「おめでとう。」と祝福されていた。ちなみにこの方は、ルアーを使っていたが、フックにサンマの切り身を付けて投げていて、もはや「餌釣り」だった。
しかし、その後はサンマを付けずにキャストし、2匹目と3匹目(両方ともスレ)を釣り上げ、開始から2時間後の9時にストップフィッシングである。隣の私は、結局3匹ともランディングしてあげました。
ssP1030009.jpgssP1030008.jpgssP1030010.jpg
他人のサケをランディングしている場合ではない。自分のサケを釣らねばならないのだw上流側ではヒットしているのだが、ちっともヒットしない。対岸には見えているのだが・・・11月の手取川とは思えないような天候で、暑いくらいだ。昼飯も簡単に済ませて、延々とキャストするも・・・午後2時、根掛かりしてリーダーが切れた時点で、気持ちも切れた。腕が重く、リーダーを再び結ぶ気にはなれなかった・・・
着替えてからattuuさんの所へ。さすが、attuuさん、しっかりと釣っていました。しかも立派なサイズです。
手取川に別れを告げて、金沢へ。今年もお世話になるのはこちら。「すみよしや旅館」おみちょや兼六園が近い老舗旅館で海外からのお客さんも宿泊している。
ssP1030012.jpg
夕食を頂いてから、金沢城公園と兼六園へ。上手く写せていませんが、ライトアップされていて綺麗でした。そして、金沢の夜も更けていくのでした。
ssP1030035.jpgssIMG_7444.jpgssIMG_7461.jpgssP1030045.jpgssIMG_7477.jpg
翌日の11/19。目覚めた頃に地震w。雨降りなので、釣りは諦めて二度寝ですw朝食を頂いてから、「おみちょ」で買い物です。加能ガニをおみやげに買って、帰路に付きました。激しい雨でしたが、無事に帰宅し、今年の鮭釣りも無事に終了しました。
ssP1030060.jpg
釣果はありませんでしたが、もう一回「手取川」への挑戦が残っています。テーマは「圧倒的な存在感」ですかね・・・さて、どうなることやら。
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR