スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り納めになっちゃうかも?釣行記

クリスマスイヴの朝、仕事が終わる。

残業をしながら考えていました。仕事が終わるのが朝8時、それからエリアに向かうと10時に着きます。朝イチからのオイシイ時間帯が終わる頃です。それでも、行こうかどうしようかと・・・25日も休みなので釣行することも出来ますが、サンタからクリスマスプレゼントを貰ったプチたちがどんな表情をするのか見ることが出来なくなってしまう。しかも、25日の方が間違いなく寒いw
釣れても釣れなくても、行けば自分の気が済むというもの。そんな訳で夜勤明けに向かった先は、ハーブの里FAです。北アルプスがくっきりと見え、とても綺麗でした。
予定通り、10時に到着。今年のハーブの里FAは「銀ザケ」だけではなく「アマゴ」も放流するとHPに記載されていました。しかも、アマゴと銀ザケの割合が8:2とアマゴが多いようです。
しかし、オイシイ時間帯はほぼ終わりです。受付でも、「日陰になっている場所は、まだ釣れているみたい。でも、凍っているから足下に気をつけて。とにかく寒い!」と。
まあ、いいや。釣り納めになっちゃう可能性もあるから、とりあえず釣りを楽しむことにする。桟橋は人が沢山いて入る余地はないので、インレットでキャスト開始。
ssP1030077.jpg

数投目で、レインボーがヒット。無事にランディングして、「ボ」は回避。休憩をする人が出始めたので、場所移動してキャスティング。ブラウンも釣れ、少しずつヒット数を増やす。出遅れているので、昼飯は食べずにひたすら釣る。
ssP1030079.jpgssP1030081.jpg

午後2時に、レインボーの放流をすると放送がある。その後、一時的に活性が上がる。インレット付近ではアベレージサイズしか見えないのだが、その下には大型が潜んでいる。銀ザケもアマゴも釣れないのなら、せめてデカイ奴でも・・・と思っていた。
ヒット!水面に浮かんできた魚体はデカイ奴だ。インレットの流れから、引きずり出してやる!と思ったところでフックアウト。思い当たる節があったので、フックを確認すると伸びていました。よく釣れるスプーンに付いてくるフックの強度が弱いのです。これでは60アップを釣ることは出来ないので、渓流で使うバーブレスフックに換装する必要がありますね。
午後になると必ず吹いてくる風が、3時頃から強くなってきた。私なりに、この風を利用できるコツをつかんだ。アベレージサイズのレインボーがロッドを度々曲げてくれる。最後の1匹は予定時間を過ぎていた4時でした。
ssP1030083.jpg

気がつけば北アルプスは雲で覆われ、時折雪が舞っていた。寒いのに釣りをする・・・「釣りバカ」ですね。今回が釣り納めになってしまうのか?それともまだ行けるのか?・・・
スポンサーサイト
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。