’12.7.31釣行記

もう7月も終わろうとしている。各地で猛暑日だった。
そんな日、私は源流を目指していた。先日も行ったが、水量が多くて断念していた場所。下流域は減水しているので、再びチャレンジ。
入渓ポイントから、いいポイントが連続するも釣果なし。チェイスもなし。人口造形物もなく、取水される前の源流。押しの強い流れが行く手を阻むが、なんとか突破しながら上流へ。入渓ポイントから見えた場所が、魚止めの滝だった。
左岸は岩盤、右岸はガレ場で上流へ行くには流れを泳いで行く他はない。そこまでしても釣果はないと思い撤収。これが、 源流。
ssP1030667.jpg

別の源流へ探釣。こちらは是が非でも徒渉しないと行けない場所。今回は難なくクリア。2段ある堰堤下まではチェイスもあった。2段目の堰堤を越えるのが難儀。左岸は岩盤なので、右岸でチャレンジ。ガレ場を登って行くが、トゲのある草が生えていて、手が傷だらけw。途中で木を掴みたい所だが、タラノキw里山と違い、幹に生えているトゲがハンパないw
こちらもすぐに魚止めの滝。釣果は無かったけど、自分自身の経験になりました。仮に187がいても釣果は見込めないですね。こっちも、源流。
ssP1030669.jpg

それから、渓の移動。水量が多いと堰堤下まで到達出来ない場所へ挑戦。今回は行けるのか?
チビイワナのチェイスがあるがヒットしない。
本日、最初のヒット。手のひらサイズだが、敬意を込めて撮影する。だって、最初に釣れたイワナです。この後に釣れなかった場合、唯一ヒットしてくれたイワナとなる訳で、感謝して撮影をします。大きさは関係なく、ヒットしてくれたことが大事です。
ssP1030671.jpgssIMG_8850.jpgssIMG_8854.jpg

だが、もう少し減水した方が釣りやすいw何とか徒渉を繰り返して釣り上がります。こんなポイントで、流れだしに付いているイワナ。アップクロスでキャストしますが流れが強いので、ヒットしたら引き抜かないとダメです。ここまでに何回もバラしています。2投目でヒット。ヒット後、リーリングしてラインにテンションが掛かった瞬間に躊躇せずに引き抜きました。
当然、どこに引き抜くか決めていたので、出来るだけそーっと着地。すぐさまネットに入れて水に浸します。
私としては上出来の26㎝。良型がヒットし、嬉しいです。さらに釣り上がりますが、大淵が、フルキャストしても奥まで届かない「超大淵」になっていて、上流に向かうのは無理と判断し、川通しで戻ります。もう何年も辿り着いていないあの堰堤下・・・いつになったら行けるんだろう??
ssP1030678.jpgssIMG_8902.jpgssIMG_8869.jpgssIMG_8875.jpgssIMG_8878.jpgssIMG_8896.jpg

さて、@2ヶ月です。私は自分の釣りを追求していきます。
ssP1030673.jpg

プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR