’12.9.27 釣行記(最終釣行・・・秋の源流へ)

9/27、anpara-kさんと、Sさんに同行させて頂き山奥へ向かう。
入渓は7:00。ちょっと早いけど、出来るだけ奥まで行きたいと思っていた。
でも、気温は低いし水も冷たい^^;ウェーダーをチョイスして正解だった。
林道を歩いて行くと、淵に定位しているイワナがいた。
ルアーの私とSさんが挑戦することになった。Sさんに譲って頂き、キャスト開始。1投目でチビイワナのチェイスがあり、そのまま自分が立っている場所へ落とす。次の2投目でヒット。7寸ほどのイワナだが、ヒットしてくれたことに感謝です。

ssIMG_9348.jpg
ssP1030829.jpgssP1030826.jpgssIMG_9367.jpg

その後、しばらく林道を歩く。次の堰堤下を攻めるのはSさん。anpara-kさんと堰堤の上から見ていたが反応はない。Sさんが右岸側へ移動しキャストを開始したので、堰堤の上からミノーをキャスト。沈み岩近くをジャーク&フォールさせるとヒットw。一気に引き抜きランディング^^;
その後も釣り上がり、堰堤もいくつか越えたがあまり反応は良くない。標高1,800メートルの堰堤下で昼飯を喰らう。マッタリしていると、ライズ。anpara-kさんがキャストするもヒットせずw反応はシビアw
ssP1030835.jpg

この後で、anpara-kさんは再び入渓近くへ戻り、Sさんと私はさらに上流を目指すことにした。
こんなポイント。流れだしでチェイスがありヒット。ネットに入れた後で、もう1匹いると感じ、右岸へ移動しキャスト。すると、今釣ったイワナよりも一回り以上大きいイワナがシャローまでチェイスして来た。アップで投げられる位置へ移動しキャスト。右岸の石付近から出て来たイワナの背中が見えた瞬間にヒット!ロッドを寝かせて寄せに掛かったがバレたw集合写真を撮ろうと思っていたが甘かった^^;でも、体高があり朱点が濃いヤマト系のイワナが釣れて良かった^^
ssIMG_9418.jpgssP1030840.jpgssP1030843.jpgssP1030849.jpg

この後は、時間との勝負。退渓時間を見据えながらテンポ良く釣り上がりました。できれば、最後に1匹釣りたいと思っていた。このポイント。左岸中央の石下からチェイスして来るイメージだったが反応なし。ルアーをチェンジしていると白泡の中からスーッと流れ出し付近へイワナが出て来た。すかさずキャストすると、ヒット。無事にランディングし、魚体を確認すると、ヤマトイワナだった。画像だと白点がある様に見えますが白点ではありません。Sさんにも現認して頂きました^^
ssP1030865.jpgssIMG_9428.jpgssIMG_9436.jpg
ssIMG_9452.jpgssIMG_9458.jpgssIMG_9466.jpgssIMG_9488.jpg
ssP1030870.jpgssP1030872.jpgssP1030874.jpgssP1030875.jpgssP1030877.jpgssP1030879.jpg

標高は1,870メートルでした。(0をとると187になっていることには気が付きませんでした^^;)ここまで来ないとヤマトが釣れなくなってしまいましたが、それでもまだヤマトの系譜が残っていることが嬉しかったです。来年は2,000メートルを目指したいと思います。
ssP1030863.jpgssIMG_9496.jpg

anpara-kさん、Sさん、お陰様で今シーズン最後の釣りを気持ち良く締めくくる事が出来ました。ご一緒して頂きありがとうございました。

プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR