’13.5.23釣行記

先日、NOBUさんと釣行した渓。その渓で昨シーズンからやりたかったことに挑戦した。林道を歩くこと1時間。前回の退渓ポイントが本日の入渓ポイントだ。天気が良く、青空に木々の緑がよく映える。水温は5℃、準備をする前に顔を洗ったら気持ちが良かった。
ssIMG_9557.jpgssIMG_9572.jpgssIMG_9584.jpg

林道脇に回廊のようにあった雪は全て消えていた。つまりそれが川に流れ込んでいるわけで、水量は想像以上に多い。それでも覚悟を決めて釣り上がる。
ssIMG_9502.jpg

しばらく釣り上がるも反応はない。流れが強いので、岸際の緩流帯を狙う。一瞬、反応があったような気がした場所での数投目。白泡の切れ目でヒット。しかし、手前まで寄せてきて、山吹色の腹が見えた瞬間にバレた。反転されてバレてしまったが、流れを味方にしているので、あちらに分がある。
ssIMG_9511.jpg

それならそれで構わない。むしろ、流れを掴みガンガン引いて欲しいと思ったが、その後はチェイスもない。しばらくして、源流部では大きい淵に辿り着いた。標高はきっかり2,000メートル。そう、目標は標高2,000メートル以上でイワナを釣ることでした。
しかし、2匹のチェイスがあったが、ヒットさせられませんでした。アップでキャストしたミノーにイワナがチェイスして来た場合、イワナは下流を向いています。でも、ミノーを喰う時は反転して上流を向いた瞬間に喰います。つまり、反転する間合いを作ってやればいいわけで、流れの中でミノーを一瞬ステイさせれば喰ってきます。でも、流れが強くステイしないのでヒットさせられませんでした。工夫すればヒットさせられたと思いますが、今後の課題とします。
その後もヒットはなく、2,030メートルで退渓しました。先ほどの大淵まで下り、もう一度チャレンジしようかとも思いましたが、潔く諦めました。
ssNEC_0247.jpg

それでもイワナの顔が見たいと思い、林道から降りやすい場所でキャストしました。このポイントで定位しているのを見つけました。キャストすると数匹がチェイスして来ました。ヒットしたのは・・・放流されたイワナでした。ヒットしたのは良かったですが、上流部は以前よりも人が入らなくなった渓なので、もっと下流部の人が多く入る区間に放流すればいいと思いました。
ssIMG_9551.jpgssIMG_9515.jpg

林道の途中にガレ場があるんですが、そこで落石が・・・上を確認し、慌ててガレ場をクリアしました。小さい石だったので、途中で止まりましたが焦りました。よく見ると、上にカモシカがいました^^;
ssIMG_9589.jpg

水量が落ち着いたら、リベンジしようと思います。次こそは2,000メートルを超えるところでイワナを釣ってみたいです。

プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR