’13.8.16釣行記

先日のこと・・・「6月からブログが更新されていない」と本年2回目のクレームがw
釣行して来たので、書きますよ~^^;

8/16、すーみすさんとalexmasaoさんとAM4:00にコンビニで待ち合わせた。うっすらと空が明るくなってきたところで林道を歩き出す。林道を小一時間歩き、さらに森の中を一時間程歩き、川に出てからも上流を目指した。
標高1,600m付近から釣り始めた。人気河川ゆえに真新しい足跡が残っているが、思った以上に魚影は濃かった。すーみすさんと私が先頭を入れ替わりながら先行し、alexmasaoさんが時間をおいて上がってくる。すーみすさんは順調にヒットさせているが、私はバラシが多い。一つのポイントに複数匹いるのでなるべくポイントから離れてキャストしていた。ランディング時も近づきたくないので、抜き上げて足下でネットに入れていたが、足下でバレてしまうことが多かった。
ssP1040574.jpgssP1040580.jpgssP1040581.jpgssP1040582.jpg

釣り上げる度にすーみすさんと魚体を確認したが、思い描く様なヤマトイワナではなかった。側面にはあまり白点はないが、背ビレから尾ビレにかけて白点が確認出来た。それでも釣れるので面白い。
ssP1040578.jpg

10:30ころ早めのランチタイム。疲れをとるためゆっくりと休むことにした。久しぶりに3人で釣行したので、話題には事欠かなかった。尺オーバーの話も出たが、私は昨シーズンも今シーズンも尺を釣っていない。「今年も釣らずに終わりそう。」と話した。
ssP1040606.jpg

当日は帰りの時間を計算し、14:00まで釣り上がることにしていた。標高が上がる度に、徐々にポイントが小さくなってくる。画像のポイントもあまり大きくはなく、定位しているイワナも見えなかった。
ssP1040602.jpg

アップクロスでキャスト。良型がチェイスして来たのだが、流れだし付近の石の下からデカイ奴がすごい早さで飛び出して来た。最初にチェイスして来たのを追い払う様な形になった。しかし、ミノーはかなり手前のサーフェイス。チャンスは一度きりだ。最後のツゥイッチを入れると同時に反転し、ポーズを入れたミノーを喰った。ヒットしたのはいいのが、左岸側の流れ出しから落ちそうになっている。しかし、凄まじいパワーで遡ろうとしている。後ろで見ていたすーみすさんが、「デカイ!」と。その勢いを制して、抜き上げてしまう他ない。山吹色の腹が見えた瞬間に躊躇せず手前に引き抜き、無事にネットイン。
魚体を確認すると、ヤマトイワナでした。しかも、メジャーを当てると、30.5㎝と「尺上」でした^^標高は1,700mオーバー、ヤマトイワナの尺上とあれば何も言うことはありません。釣友二人とがっちりと握手。嬉しかった^^
ssP1040589.jpgssP1040590.jpgssP1040592.jpgssP1040593.jpg
ssP1040595.jpgssP1040600.jpgssP1040605.jpg

そこから先、さらにポイントは小さくなり源流の様相。それでも、イワナがいた。標高1,800mでもイワナが釣れました。どこまでイワナが生息しているのか分かりませんが、調査するには日帰りでは無理です^^;
ssP1040607.jpgssP1040608.jpg
ssP1040612.jpgssP1040611.jpgssP1040613.jpg

14:00、撤収です。休憩を入れながら、駐車場まで3時間。かなり疲れましたが、良い釣りが出来たお陰で心地よい疲れでした。すーみすさん、alexmasaoさん、ありがとう。
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR