スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’13.11.17犀川殖産釣行記

11/16、17と犀川殖産漁協エリアの犀川本流へ初挑戦してきました。

11/16、AM8:00。就寝・・・・(マテ
いやあ、夜勤明けのものですから、まず寝ました。アハハハ・・・間違いなく夜が長いんですよw目を閉じると、ワイルドレインボーやでかいブラウンが・・・結局、あまり寝られませんでした。

準備をしてアングラーズパラダイスへ行き、anpara-Kさんと宿泊先へ向かいます。信州犀川交流センターで先発隊の皆さんと合流し、夜は大宴会。名物ジンギスカンなどを頂きながら、楽しい夜が過ごせました。

翌17日。私はSさん、K君とご一緒させて貰い、犀川のエキスパートS氏にポイントを案内して頂く。前日はSさん、K君共に「沈」してしまい、冷たい思いをしたそうだ。水はクリアだが、ウェーディングには十分の注意が必要だ。
一つ目、二つ目のランではヒットはありませんでした。でも、対岸の岸際でジャンプする魚も見え、モチベーションが下がることはなかった。昼食後の三つ目のラン。アップクロスでキャストしたミノーがターンして、コツコツと底を叩く。ロッドを煽り、一瞬手を止め、再びリトリーブを始めた直後にヒット。ドラグが緩かったため閉めようと手を伸ばした時にジャンプ。ロッドを倒すことも、ラインスラックを取ることもできず、着水した瞬間にバレました。あまり大きくはありませんでしたが、シルバーのボディーはレインボーだと思います。やっちゃいましたw
ssP1040699.jpgssP1040701.jpgssP1040702.jpg

次のランは、流れの筋がかなり対岸寄りのため、手前のブレイクラインを探って行くことにした。しばらく釣り下って行くと、「ゴン」とヒット。ジャンプに備えるが、水面で暴れた後、再び潜った。よし、後は魚の動き合わせながら寄せてくればいい。徐々に寄せて来たが、ここで問題が・・・。朝イチでちょっとしたハプニングがあり、私はランディングネットを背負っていなかったのです。上流側にいたK君にSOS。無事にランディングして貰いました。

厳つい顔、デカイ尾ビレ、分厚いボディー・・・大きさは48㎝でしたが、これが犀川のワイルドレインボーだと感じました。これからもっと寒くなりますが、70・80が潜む犀川にまた行きたいと思います。ご一緒して頂いた皆さん、ありがとうございました。
ssP1040718.jpgssP1040707.jpgssP1040714.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。