スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’15.3.18釣行記

3/17・・・帰社するD君と、夜勤で出社した私が鉢合わせ。

m「明日、夜勤明けで釣りに行って来るわ。」
D君「ブログ楽しみにしています。」

軽いプレッシャーですね^^;

3/18、夜勤明け。本流ロッドと渓流ロッドの両方を準備して出発。先ずは渓流の上流部を目指して林道アタック。今年は雪が少ないが、まだ無理でした^^;
ssP1050586.jpg

移動して、別の川の中流域へ。D君が、釣れなかったと言っていた川。ポイントはあるが、水量が多く流れが速い。しばらく釣り上がるも反応無し。
ssP1050589.jpg

諦めて、入渓場所の堰堤まで戻る。誰もが狙う堰堤下。今まで釣れたことは一度も無い。水量が豊富なため取水をしている、取水堰堤だ。左岸側から取水しているため、左岸側に流れが寄っている。流心脇や、岸際からも反応は無かった。

堰堤下を観察してみると、右岸と左岸の両方から水が落ち込んでいるが、左岸側の水量が多く、堰堤の真ん中で反転流が出来ている。狙いをそこに定める。5グラムのスプーンをキャストし、スローリトリーブしながら、時折アクションを加える。数投目にヒット。良型のイワナ。今まで釣れなかった場所でのヒットだけに嬉しい1匹。
ssP1050623.jpg
ssP1050591.jpgssP1050601.jpgssP1050603.jpgssP1050612.jpg

再び移動して別の渓へ。堰堤下のみを狙う。1段目の堰堤下。チェイスがあったがヒットさせられず、2度目は無かった。ライズもあったが、ルアーには反応無し・・・2段目の堰堤下。こちらの方が、プールが小さい。広角に数投して見るも反応無し。そこで、左岸落ち込みのメインの流れを集中的に狙うことにする。スプーンを先ほどヒットした物に変更。2投目・・・流れの中、想像していたピンポイントでヒット。
ssP1050658.jpgssP1050661.jpg

ランディングし、魚体を確認。フックが外れにくい、蝶番にうまく刺さっていると思ったら、ガッツリと飲み込んでいました^^;上流から流れてくるスプーンを見て、「待っていました」と言わんばかりに食いついたのでしょうか。バーブレスフックなのに、プライヤーを使わなければ、外せませんでした。あまり口を使わない時期に、引きも良く気持ちがいいヒットでした。
ssP1050632.jpgssP1050638.jpgssP1050642.jpgssP1050647.jpgssP1050652.jpg

二つの渓で、二匹のイワナ。それぞれに特徴が出ています。

最初のイワナは、ヤマトイワナの血が入っていると感じました。全体像を写した画像を見て頂くと、なんとなく分かると思いますが、頭頂部から尾鰭まで背部のみ無斑です。リリース時、上から見るとヤマトイワナの様でした。うっすらとグリーンのアイシャドーも美しい。

二匹目のイワナはニッコウ系のイワナですね。大きな朱点が特徴的でした。口周りに黒いサビが残っているのが分かります。この、サビが残っている感じが私は好きですね。こちらもキレイでした。

ssP1050664.jpg

(あれ?本流は??)
スポンサーサイト
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。