スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12.9.3釣行記

これは事実です。
ssP1030775.jpg

夜の風は涼しくなってきたが、日中はまだまだ暑い9/3に釣行した。ここのところ、まとまった雨が降らず、渓は渇水している。そんな渓で秋のタクティクス確認と、ある調査を兼ねて釣行した。
足跡を見ると、2~3日前に入渓者がいたようだ。早速アベレージサイズのチェイスがあるがヒットさせられず。ランガンで釣り上がる。この画像は3匹目かな?お約束のヤマトイワナの証明画像を撮影する。
ssIMG_9087.jpgssIMG_9094.jpgssP1030773.jpgssP1030774.jpg
ssIMG_9103.jpgssIMG_9114.jpg


その後もヒットするが、アベレージサイズばかりで良型のチェイスはない。あるポイントで、まずは左岸側を攻めていた。大きな石も配置されていたが、アベレージサイズのチェイスのみだった。ふと右岸側に目をやると、大きな黒いイワナが定位していた。・・・と思ったのだが、まったく動かないので沈み石のようだ。川の真ん中から、右岸の最奥へキャストし流れ出しまで引いてくると、アベレージサイズのチェイスがある。
一応、手前の流れにもキャストしてみるか・・・すると、先ほどの沈み石がチェイスして来た。やはり、イワナだった。(白泡よりチョイ下、画像ド真ん中の黒いのが反応後のイワナです)
ssP1030776.jpg

右岸へ移動し、アップクロスでキャストする。ポイントは浅いので、バルサミノーにチェンジ。一投目でルアーの着水音に驚き、イワナはスーッと下流の流れ出しに移動した。でも、大丈夫。オイラには気づいていない。2投目、同じ場所にキャストし、トゥイッチさせてくる。イワナの鼻先でコースを変えるとチェイスしてきた。岸際でポーズを入れると喰った。合わせをいれて、すぐさまネットイン。メジャーを当てると・・・29㎝。やはり、オイラが尺ッキーを釣るのは簡単じゃないな^^;
ssIMG_9181.jpgssIMG_9193.jpgssIMG_9189.jpgssIMG_9183.jpg
ssIMG_9162.jpgssIMG_9166.jpg

水中だと黒いイワナでしたが、アメ色をしたちょっと艶めかしい感じのヤマトイワナでした。パーはほとんど見えず、朱点もぼやけており、ゆっくりと大きくなってきた老齢のイワナではないかと感じました。いいサイズのヤマトイワナを釣ることが出来て嬉しかったのですが、この後で衝撃の事実にうち拉がれることになるとは思いもしませんでした。
ssP1030777.jpgssP1030778.jpg

このポイント。2投目でヒットしたのは・・・背びれと鼻先まである唐草模様、びっしりの白点、ブルーグリーンの側面に浮かぶ鮮やかな赤い斑点とブラウンの腹色。ああ・・・釣りたくもなかったし見たくもなかったが、自分の目で確認をしてしまった。ヤマトイワナの生息域に、ブルックトラウトの密放流があった事実を・・・上流部で密放流された奴が落ちてきているのを確認しました。
ssIMG_9253.jpgssP1030791.jpgssP1030785.jpgssP1030792.jpgssIMG_9226.jpgssP1030794.jpg

調査とはこのブルックの密放流の調査だったのです。ブルックには罪はありません。ですが、ヤマトイワナの生息域に、誰が何のためにブルックを放流したのでしょうか?意図が全くわかりません。密放流があった場合、他の生物に与えるインパクトは相当なものだと思います。そして、懸念されることが出来たのも事実です。
① ヤマトイワナとブルックトラウトの交雑
② ブルックトラウトの繁殖によるヤマトイワナの駆逐
どちらも考えたくはないのですが、最悪の場合を想定しなければならないでしょう。この渓については来年以降も継続的に調査をして行きます。なぜ、こんなことに・・・

コメントの投稿

非公開コメント

衝撃的です。
そんな事があるんですね。
いやあってはならない事です。
ブルックは、ブラウンに比べて繁殖しないと言われてますが、
継続的な調査をお願いします。

釣り人は、いろんな魚種を釣りたい!大きいのが釣りたい!
と思うものです。
しかし、生態系の事も考えるべきです。


Re: タイトルなし

山猿さん

今回訪れた渓は、漁協の放流はないと思われる渓です。・・・いえ、釣れるイワナを見る限りでは、無いと断言できると思っています。

そんな渓で、まさかブルックが釣れるとは・・・驚きを通り越して不安を感じます。
密放流されたのが、ニッコウ系のイワナじゃなかったから良かった^^・・・と言う問題ではないと思っています。

> 釣り人は、いろんな魚種を釣りたい!大きいのが釣りたい!
> と思うものです。
> しかし、生態系の事も考えるべきです。

ごもっともです。ライチョウやカモシカは保護されているけれど、信州には貴重な魚が棲んでいることは分かって欲しいですね。

No title

mckeeさん、こんばんは。

純国産のネイティブが、そのうち消えていく・・・
管釣りじゃないんだから、こういうのはダメですね!

後の事を考えず、馬鹿な奴だな~

残念ですが・・・・

調査お疲れ様でした!

このような事実を知る度に残念でなりません・・・・・

ニッコウ系にしろブルックにしろブラウンにしろイワナはイワナ・・・?って、原種イワナの知識がない方は沢山居ますし、まったく悪気はないニッコウ系イワナの源頭放流(自分達が釣って減らした魚をまた増やそうって)も今まで有ったのも事実です。

反対に原種のイワナについてのちゃんとした知識のある方達の方が残念ながら少数かと・・・・

むかしヤマトイワナを守ろうって名目の会にお邪魔したことが有りましたがそこの会長さんでさへ、ヤマトイワナの特徴をまったく知らずにお話しされていました・・・・(汗)

このような非常にまれな原種の渓にブルックが放流された経緯はまったく不明ですが交雑や繁殖が無い事を祈りたいと思います。

mckeeさんもご承知のように未だヤマトの血が引き継がれている渓もまだまだ在りますし林道の荒廃等で簡単に入れなくなってしまった渓も多くなってきてます。

そんな渓でこれからも多くの原種が生き残ってくれるのではないかと期待もしております!!

Re: No title

camiさん

こん○○は(昼夜兼用)

> 純国産のネイティブが、そのうち消えていく・・・
> 管釣りじゃないんだから、こういうのはダメですね!

ヤマトもゴギもニッコウとは違う特徴がある故に、区別ができるイワナです。
その特徴が失われてしまうのは、悲しいことです。

Re: 残念ですが・・・・

anpara-kさん

毎度です。

> ニッコウ系にしろブルックにしろブラウンにしろイワナはイワナ・・・?って、原種イワナの知識がない方は沢山居ますし、まったく悪気はないニッコウ系イワナの源頭放流(自分達が釣って減らした魚をまた増やそうって)も今まで有ったのも事実です。

気持ちは分からないでもないですが、ヤマトは限られた場所に棲んでいるので、むやみな放流はやめて欲しいですね。

> 反対に原種のイワナについてのちゃんとした知識のある方達の方が残念ながら少数かと・・・・
> むかしヤマトイワナを守ろうって名目の会にお邪魔したことが有りましたがそこの会長さんでさへ、ヤマトイワナの特徴をまったく知らずにお話しされていました・・・・(汗)

ヤマトの種沢を見つけたと言う人がいて、その画像を見ましたが・・・中間型でした。
「ヤマトイワナって貴重だって言うけれど、どんなのがヤマトイワナなのか、わからない」ということはあるようですね。「この渓にはヤマトイワナがいます」と公言できるものではないので、私は画像を掲載しヤマトイワナの特徴を伝えているつもりです。でも、ブログだと限られた方しか見て頂けないので、難しいですね。何か考えたいと思います。

> このような非常にまれな原種の渓にブルックが放流された経緯はまったく不明ですが交雑や繁殖が無い事を祈りたいと思います。

おっしゃる通り、何事もなければ良いのですが・・・それを確認するためにも継続調査をします。

> mckeeさんもご承知のように未だヤマトの血が引き継がれている渓もまだまだ在りますし林道の荒廃等で簡単に入れなくなってしまった渓も多くなってきてます。
> そんな渓でこれからも多くの原種が生き残ってくれるのではないかと期待もしております!!

我々は一アングラーに過ぎませんが、ヤマトイワナを知る者として、これからも見守って行きましょう。

No title

こんばんは。

ヤマトイワナの渓でブルックが釣れるなんて・・・。
いったい誰が何を考えて放流したのか・・・。

イワナとブルックの交雑種ってF1と呼ばれますね。
F1は親魚であるイワナより強いと聞いたことがあるので尚更この渓の今後が不安ですね。
かつて紀伊半島で普通に釣れたキリクチがニッコウイワナに取って代わられてしまったような
悲しい事態にならないことを祈ります。

さ残念ですね

おはようございます。
ブルックの件は残念です。
二度とおこさせないようにしないと
いけませんね。

今年も1ヶ月切りましたが、
もう少しお付き合い下さい。

No title

こんにちは。
去年の禁漁後~今年の5月までの間に、最上流で放流がありましたね。ニッコウイワナと(故意かどうかは別にして)ブルックが放流されたんでしょう。
 ここの上流部は二年前から定期的に釣ってますが、”変化を目撃することになるかもしれない”とは思いませんでしたね。

ではでは。

Re: さ残念ですね

SHIGEさん

おはようございます。

放流された場所も想像できているのですが、意図が分からないんですよね・・・
「余計」なことはして欲しくないですね。

もう1回くらい、一緒に行けると嬉しいです^^

Re: No title

自営業ffさん

おはようございます。

>  ここの上流部は二年前から定期的に釣ってますが、”変化を目撃することになるかもしれない”とは思いませんでしたね。

我々は、とんでもない事実と向き合ってしまいましたねwどう変化して行くのか、調査するしかありませんね・・・

Re: No title

Kazumaruさん

おはようございます。
返コメが遅くなりすみませんw

> ヤマトイワナの渓でブルックが釣れるなんて・・・。
> いったい誰が何を考えて放流したのか・・・。
全くその通りなのですが、ニッコウ系のイワナに混じっていた可能性もありそうです・・・

> イワナとブルックの交雑種ってF1と呼ばれますね。
> F1は親魚であるイワナより強いと聞いたことがあるので尚更この渓の今後が不安ですね。
> かつて紀伊半島で普通に釣れたキリクチがニッコウイワナに取って代わられてしまったような
> 悲しい事態にならないことを祈ります。

イワナとブルックのF1は「ジャガートラウト」と言われ、エリアでは放流をされている所があるようです。
この場合、F1である限りは成熟しないので、子孫を残すことは出来ません。ただし、渓流において本当にそうなのか?と言う研究は出来ないのが事実です。
それに、密放流されたのが「ブルック」だけとは分からないわけでして・・・ニッコウ系のイワナに混じってブルックが放流されたとなると、かなり複雑になります。

とにかく、継続調査をします。

No title

こんばんは~♪

いいヤマト釣るな~なんて思いながら
癒されていると・・・まさかこんな衝撃が・・・

何だか源流を愛する私としてもショックです!
引き続き調査が必要ですね・・・

私も先日、Y猿さんたちと久しぶりにアタックしてきましたよ(^_^)/

楽園がどんどん失われていく傾向にショックを隠せません・・・

Re: No title

やすえさん

こん○○は(昼夜兼用)

> いいヤマト釣るな~なんて思いながら
> 癒されていると・・・まさかこんな衝撃が・・・
エリア以外でブルックを釣ることになるとは夢にも思いませんでした。

> 何だか源流を愛する私としてもショックです!
> 引き続き調査が必要ですね・・・
つらい調査ですが、引き続き行っていきます。

> 私も先日、Y猿さんたちと久しぶりにアタックしてきましたよ(^_^)/
>
> 楽園がどんどん失われていく傾向にショックを隠せません・・・
我々だけではなく、イワナにとっての楽園が失われていくのは悲しいことですね。
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。