スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の杜プロジェクト

本日は、タッキーさんに教えて頂いた、理想の杜プロジェクト「植物の名札付け作業&自然観察会」に参加して来ました。どうやら主催者は、私の知り合いのようなのです。

カミサンは美容院に行くと言うので、プチ達を半強制的に連行です^^
近くまで行ったのですが集合場所がわからず、タッキーさんからの連絡で無事に現着。
プチを見たタッキーさん、「そっくりですね。」と。ええ、そうなんです。プチ↑はそうでもないのですが、プチ↓はクリソツです。どこに行っても「そっくりですね。」と言われます。良いところも(あるのか?)悪いところも(どこが?)も引き継いでいる気がしますね・・・(この時、家に帰った時に奇跡のような出来事が待っているとは夢にも思っていませんでした・・・新たなブログネタか?)

やはり主催者は知り合いで、お互いに「ドウモドウモ」と挨拶をしながら、世の中狭いこともあるんだなと・・・
主催者の話の後(長いよw)早速、里山の現場に移動。
近くに住宅があるちょっとした森ですが、170種類以上の草木が確認されている所。しかも、縄文時代の遺跡まであります。そんな草木に名札を付けようというわけです。タッキーさん達が作ったお手製の名札で、自分で書くことが出来る味わいのある名札です。各々が気に入った木に、植物名を書いてくくりつけます。

ss-IMG_2693.jpgss-IMG_2694.jpg

本当に多くの植物が生えており驚きです。それに、植物に詳しい人がいて名前を教えて下さり感謝です。

ss-IMG_2701.jpgss-IMG_2705.jpg

左の画像が「チゴユリ」で、右が「ギンリョウソウ」です。ギンリョウソウは、目玉のオヤジみたいですね。
一段落した所で、お昼の準備班と、キノコの菌打ち班にわかれました。昼食ではタケノコ汁を振る舞って頂けるようです。私とプチはキノコの菌打ちへ。

菌打ち専用のハンマーで、栗の木へ穴を空けてそこに菌を打ち込みます。ハンマーを思いっきり栗の木に打ち込み穴を空けます。空いた穴にプチ達が菌を入れて、ハンマーで押し込みます。こんな作業を繰り返します。栗の木に埋め込む菌は、当然クリタケ^^2年後くらいにはクリタケが生えてくるようです。

12時を回り、お昼の時間となりました。歩きながら地面を見ると土器や黒曜石が露出しています。小学生の頃に土器や黒曜石を拾い集めたことを思い出します。持参したおにぎりと一緒にタケノコ汁を頂きます。天気が良くて暑いくらいでしが、自然の中で頂くタケノコ汁は最高でした。

帰り際にカブトムシの話しなどをして、ちょっと先に失礼したのですが、一緒だった方が「カブトムシの幼虫見てみます?」と声をかけてくれました。腐葉土の山を掘ってみると、すぐにカブトムシの幼虫が出てきました。プチ↓に「飼ってみる?」と聞くと「ニヤリ」と笑います。本当に「ニヤリ」とするのですが、私も魚を釣り上げた時に、「ニヤリ」としているのかも・・・クリソツですからねぇ・・・

ss-IMG_2709.jpg

どんな成虫になるのか楽しみです。おっと、主催者&タッキーさんを始め、ご一緒下さった皆様ありがとうございました。プチ達はクリタケの菌打ちが楽しかったようですし、私は自然の中で過ごすことができ、有意義な時間でした。詳細はタッキーさんのブログで^^

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

遊ん場どきどきの杜【理想の杜Prj&自然観察会】

昨日は信州理想の杜プロジェクトの定例作業日でした。身近な里山を、小さな動植物も人間も、みんなが集い触れ合える杜にしたい。大人も子供...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

プレッシャーに弱い山猿です

キョウは素敵な笑顔に出会うことができました。

いろんな軌跡とそれにも増した奇跡が紡いでくれたご縁を、本当に嬉しく思います。


指輪に込めた想い、人の繋がりからうまれる想い・・・
なんとも不思議な縁なのかもしれませんね・・・

毛ばりさんのお父様、mckeeさの指輪、なんだか不思議な『縁』を感じてしまいます。


『杜』の字を使っていただいてありがとうございます。
人が関わる杜・森・・・想いを感じていただいたようでで本当に嬉しいです

No title

タッキーさん

昨日はお世話になりました。

皆さんと作業をする中で、これからやろうとしていることが、何となく理解できたような気がします。やっぱり、実際に行って見ることが大事ですね。
もっと、いろいろなことを知りたいと思いますので、可能なところでこれからも参加させていただければと思います。

何でもかんでも拡げる気はありませんが、自分が興味を持った環ですから、小さくてもずっと繋げていきたいと思っています。
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。