スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/8釣行記

朝4時に起床し、野暮用を済ませて6:30に帰宅。朝飯を食べてから、パッキングを始める。今回の釣行は、バックパックに必要な物を全部詰め込んで、前回の目標退渓地点を目指す。下流域はパスして、中流域を釣るのが目的で前回のリベンジだ。

キッチンの食材庫から、取り出したある物を見たカミサンが「そんな物食べられるの?」と聞いてきた。「大丈夫^^」と答えて家を出る。バックパックの中には釣りには必要のない?ちょっとした物を詰め込んでいた。

いつもの駐車場から、バックパックを背負って愛車を押して林道を歩き始める。バックパックの中身は、パックロッド・リールなど最低限必要な物と前述した物。しかし、今回はウェーディングシューズとウェットゲーターもパックしているため、結構重い。4㌔以上を歩くので、ランニングシューズで挑む。最初の1㌔がキツイ。急激に標高が上がるためだ。そこからは、割となだらかな坂が続いていくが、谷が深く水音はかなり下の方から聞こえる。

延々と歩くこと40分、前回退渓した場所を過ぎる。あともう少し。ほぼ1時間後、目標地点に到達。早速、釣りの準備に取りかかる。バックパックと愛車を隠しておこうと思っていたのだが、適当な場所が見当たらない。そこで、敢えて目に着く場所である、電力会社の看板にワイヤーロックする。

入渓ポイントの上流で撮影。高い場所からの撮影で、魚に走られる。後述するが、ここであることが・・・この場所に、12時までに戻って来られる様に考えて釣り下る。
ss-IMG_2809.jpg
少し下ってから、早速キャストする。反応はないと思っていたのだが、いきなり良型のチェイスがある。3投目、底を引いてきたミノーにバイト。しかし、9寸はある魚体の頭を下流に向かせた時、ヘッドシェイクされてバレてしまった。この時は、これが悪夢の始まりになるとは思ってもいなかった。

その後、手のひらサイズがヒット。それから、ぼちぼちとヒットするが、圧倒的にバラす確率が多い。去年、尺上が出たポイントでもアベレージサイズをバラしてしまう。このまま釣り下っても結果が得られそうにないので、入渓地点へ戻ることにする。
ss-IMG_2812.jpgss-IMG_2855.jpgss-IMG_2891.jpg

先の画像の入渓ポイント。ミノーをキャストすると、チェイスはあるがヒットしない。画像には写っていないが、右岸側に反転流が出来ていた。アップでキャストして、反転流まで引いてくると、すぐ手前の石下からイワナが出てきた。水面から体半分が出る程の反転をして、ミノーに食いついたが掛かりが浅くフックアウト。尺ほどの魚をバラしてしまい、がっかりする。またバラした・・・ところが・・・

腕時計を見ると11:30。入渓ポイントまで戻って来たのには訳がある。林道脇のバックパックを取り行く。今回の釣行では、少し趣向を凝らしてみた。釣り道具以外に持って来た物は、ストーブとクッカー。入渓ポイントのすぐ上流には、こんな素晴らしい滝がある。
ss-IMG_2833.jpgss-IMG_2826.jpg
この滝の水を使って昼食とするのだ。クッカーに水を汲む。そして、ガスストーブに点火をしてお湯を沸かす。お湯が沸いたのでラーメン投入^^出来上がったら火から下ろし、今度はクッカーのふたでお湯を沸かす。滝を見ながら、音を聞きながら食べるラーメンは格別である。釣友と食べたなら、もっとおいしかったに違いない。ふたで沸かしたお湯を、コンビニで買ったカップのレギュラーコーヒーに注ぐ。味は大したことはないのだが、それでも雰囲気を堪能できた。遊びだから、こんな楽しみ方もある。

バックパックを戻して釣り上がる。バレが多いので注意せねば。
しばらく釣り上がると、広くはないが水深のあるポイントへ来た。少し高い立ち位置から、クロスでキャストしたミノーを沈ませて引いてくる。流れ出しでは反応がなく、少し上流へキャストした2投目のこと。足下の石底から、ふわーっと浮いてきたイワナ。その大きさに思わず緊張する。何と尺上どころか、40㎝に近い渓流では見たこともない大きさなのだ。ミノーに気がつき、反転したその直後。キターーー!!が、(ァッ!エッ?)声にならない。アハハハ・・・・笑えないが笑うしかない・・・やっちまった・・・

9寸、尺、40㎝・・・全てをバラす。あまりの出来事にショックを引きずり、その後もバラしが多い。時刻は15時、そろそろ退渓せねばならない。何とか1匹、納得できるサイズをと思う。緩やかな流れの石下から、チェイスして来たのをヒットさせて納竿とする。全身を撮影する前に逃亡された。
ss-IMG_2902.jpgss-IMG_2906.jpg

バックパックに道具を詰め込んで愛車をこぎ出す。愛車とは折りたたみ式の自転車。車輪は16インチと小さいが、サスペンションを装備し、前後輪ともディスクブレーキのちょっとカッコイイ奴である。未舗装の林道なのでスピードは出せないが、それでも20分で着いた。

バラしが多い理由を考える。前回と違うのはロッドである。今回はパックロッドを使用したのだが、硬いのは承知していた。でも、結局の所は「ヘタクソ」って事なんだろうな。リベンジに行ったのに、返り討ちにあった。また行かないとだな・・・


tag : href="http://blogranking.fc2.com/in.php?id=528706" ">target="_blank"> src="http://blogranking.fc2.com/ranking_banner/c_0 ">style="border:0px;">

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どーもです。ブログ開設おめでとうございます。
あの川にもそんなデカイ岩魚居るんですね!?フライ(ドライ)ではまず釣れないでしょうけど・・・
またリベンジして話聞かせてください。

No title

まーちゃさん

9寸?か尺か?、と迷うことがありますが、そんな必要のない大きさでした。
あからさまにデカイサイズでした。あー思い出したら悔しくなってきたw

No title

mckeeさん、初めまして^^
阿修羅像のおかげで40cm級には遠く及びませんが、楽しめましたよ!
リンクさせていただきますのでよろしくです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

mckeeさん、お初?です。
ブログ始められたようで・・・

実は私も・・・

と言う事で、attuu さんに同じくリンクさせて頂きますね。

宜しく!
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。