スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/8釣行記&調行記

7/8釣行記&調行記

 7/8、0:20昼食を終えて携帯で天気を確認する。夜勤明けの天気は心配いらない様なので、釣りに行こうと考える。しかし・・・最近の天気の影響で、水位があまり下がっていない。渓流への釣行は諦めるとしても、釣りには行きたい。そうすると・・・エリアか。私はシーズン中にはエリアへ行ったことがないのだが、夏場のエリアへ行って見ることにする。
 朝8:00までの残業を覚悟していたのだが、運良く6:30で仕事が終わった。この1.5時間の差はかなり大きい。急いで家に帰り、家族に釣行を告げる。「夕飯のおかずをゲットしてくる。」と伝えて家を出る。おおっと、いつもは車に積んでいないエリア用のロッドを忘れる所だった。

 一路北進、向かう先はハーブの里FA。本日のターゲットは銀鮭(コーホーサーモン)とサクラマス。8:30現地到着。今までの経験から、銀鮭もサクラも、午前中に集中して釣れることが多いことはわかっているので、前述した1.5時間の差がとても大きいのだ。

 ポンドを見ると、自分が釣りたい場所に人がいる。しかも女性である。早くに来ている人がいるんだなぁと思いながら、良く見るとロッドを持っていない。マネキンだった。

ss-IMG_2991.jpgss-IMG_2990.jpg

マネキン画像の左側(写っていませんがw)にインレットとアウトレット、右画像の中央から右の方が深場です。

早速、受付をして準備に取りかかるが、「貸し切り」である。のんびりとキャストを開始するが、後ろのマネキンが気になるw 数投目でヒットするが、レインボー。
連続ヒットで良型も混じるが、全てレインボー。ポンドをグルッと1周してインレットへ。大型個体は見られないが、魚は沢山いる。しかし、釣れて来るのはレインボーとブラウン。仕方ないので、塩焼きサイズのレインボーをキープ。あとキープしたいのは40サイズ。

ss-IMG_2980.jpg


インレットから遠い深場を行ったり来たり。ディープタイプのクランクを遠投して、引いて来ると「ゴンッ」とヒット。重い引きなので、良型とわかる。ネットインしたのは、40サイズの太ったレインボー。狙っていた魚をゲットして安心。あとはサイズアップを狙う。

ss-IMG_2967.jpg

エリアと言えども、弱肉強食。ブラウンがレインボーをw

ss-IMG_2996.jpg


インレット方向へ時計回りにキャストしていく。底石と底石の間で、ヒットと同時にラインが一気に出て行く。豪快なジャンプで水しぶきがものすごく、かなりの大型。2回目のジャンプにも耐えたが、その後のヘッドシェイクでばれてしまった。気を取り直してインレットまで行くと、何故か沢山の魚が集まっている。そこからは、爆釣モードに突入。アベレージサイズばかりだが、何匹釣ったのかわからない。最後の1匹をリリースして片付けを始めるが、フックが伸びていた。
さて、ここからは調行記。
エリアで腹だしと3枚におろして貰ってあるので楽である。自分でも出来るのだが、ゴミが出ないのでやって貰う。塩焼きサイズは何もすることはないので、3枚におろして貰った方に取りかかる。「ニジマスの梅肉ソースがけ」を作ります。
 まず、皮を引きます。腹の部分には骨があるので、落としてしまってもいいのですが、脂の乗ったところを捨てるのは勿体ないので、デカイ毛抜きで骨を取ります。肉質はピンクでサーモンと同じ香りがします。お湯を沸かして、ニジマスを投入。火を通し過ぎると硬くなり身が崩れるので注意が必要です。お湯から上げたら、氷水で冷やします。
 梅肉ソースを作ります。自家製の梅干しを潰して作るのが一番いいのですが、我が家にはありません。スーパーで買って来た物でもいいのですが、食べて見ないと梅干しの味がわからないため、物によっては「がっかり味のソース」になってしまいます。私はチューブに入った梅肉を使います。調味料などは入っていないし、味が一定しているため使いやすいです。この梅肉を、椎茸・昆布・鰹節でとった出汁でのばします。せめて、出汁くらいは自分でとらないとね^^
 お皿に大葉を敷き、その上にキッチンペーパーで水気をとったニジマスを並べます。梅肉ソースをかけてできあがりです。さっぱり味で骨もとってあるため、「ガブリ」と食べられるのでプチ達にも好評です。

ss-IMG_3009.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

でぇぇぇ~~

凄~~~~
釣りの素人には、涎ものです・・・

女房殿お手製の梅星とトレードしてほしいです~~^^;

No title

どもです。
ブラウンの画像・・・凄すぎ!
こんな場面は滅多に見れませんね!
ナイスショットです!

Re: でぇぇぇ~~

タッキーさん

やはり、タッキー家には自家製の梅干しがあるんですね^^ウラヤマシイ
私なんぞの料理でよろしければ、いつでもお作りしますよ~^^

Re: No title

NOBUさん

自分でも、面白い画像が撮れたと思っています。
実は過去にも似たような場面を撮影したことがあります・・・しかも渓流で。
尺イワナが、別のイワナを体半分まで飲み込んだまま死んでいました。たぶん、咥えた相手が大きかったんでしょうね^^;

ブラウン

mckeeさん、こんばんは、ブラウンの写真、ナイスショットです。

以前フライで釣った、20cm位のアマゴ を見たら、
口から 15cm 位のアマゴの尻尾が出ていました。
アマゴを咥えたままで、毛鉤に飛びついたのでしょうか ?

また、以前ひょうたん湖で、35cm 位のニジマスを釣って
逃がしたとたん、50cm 位のブラックバスが咥えて行き、
ビックリして、「イナバウァー」しちゃいました。

ルアーと同サイズの魚が釣れたりで、彼らの
「食欲 ?」「闘争心 ?」 は、凄いですね。

Re: ブラウン

けばりさん

こん○○は(昼夜兼用)
彼等の魚食性は強いですね。
その性格がフライなり、ルアーなりに反応をしてくれれば我々も楽しいんですけどねw
まあ、一筋縄ではうまくいかないので、燃えてしまうわけですよね^^
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。