スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/24・25探釣記

以前読んだ雑誌に、「ヤマトイワナを選んで釣ることが出来る」と言う内容の記事がありました。今になって考えてみると、そんなこと出来る訳が無いと思います。イワナと鯉ならばイワナを選んで釣ることが出来ると思いますが、ニッコウとヤマトの中からヤマトだけを選んで釣る事なんて出来る訳が無いと思います。だって、いずれにしろ「イワナ」ですからね。まあ、すごく上手い人なら可能なのかもしれませんが、少なくとも私には出来ません。
それでは、ヘタクソな私がヤマトを釣るにはどうすればいいのか?簡単です。ヤマトがいる所へ行って釣りをすればいいだけです。じゃあ、それはどこ?・・・まずは場所探しからですw国土地理院の1/25000の地図で大凡の検討つけ、ウォッちずで最新の地図を確認、そしてGoogleEarthも見てみます。2河川に目星を付けて探釣へ向かいます。
8/24、最初の川へ向かう。いつもは素通りをして川だ。釣りになるのか確認をして見るが、川の規模が小さすぎる。イワナが居そうな雰囲気はあるが、また今度。他の川も見ながら、予定していたもう一つの川へ。途中で、釣り人を発見。林道を上がると釣友の車があった。あちらも気付いたようで携帯が鳴る。しかし、お互い山の中。電波状況が悪く途切れてしまった。
目的の川に到着した。駐車場所で着替えて入渓。あれ?ここ前に来たことあるな・・・思い出した。数年前の探釣で来ていた川だったのだ。では、何故それっきりになっていたのかと言うと、釣れなかったからだ。いや、おそらく当時の私ではヘタ過すぎて釣れなかったのだ。そうだよなぁ・・・今もヘタクソなのに、数年前ならもっとヘタクソだったのから釣れる訳ないよなと思った。
それでは、探釣と当時の私にリベンジ開始。最初のポイント。誰かが入渓した後がある。こんな川に釣りに来る人がいるのか・・・と思った。(お前、人の事が言えるかw)2投目でチェイスがあったが、ヒットさせられず。
それでも、開始から間もなくヒットです。サイズは20㎝ですが、ヤマトイワナです。最下流部でヤマトが釣れたと言うことは、この川のイワナは全てヤマトの可能性があります。しかし・・・ポイントが小さい、しかも浅い、そして河畔林が覆い被さる三重苦です。
ss-IMG_3609.jpgss-IMG_3593.jpgss-IMG_3620.jpg
高巻きをしたり、バラシがあったりで、次のヒットは1時間後でした。やはりヤマトです。
ss-IMG_3636.jpgss-IMG_3653.jpgss-IMG_3690.jpgss-P1020279.jpg
その後も釣り上がりますが、時刻は11時過ぎ。午後から雨が降る予報、こんな狭い川でどしゃ降りにあった時には・・・と考えると恐ろしい。とりあえず、イワナが釣れることがわかったので退渓。案の定、退渓途中で雨が降ってきた。

翌8/25、昨日の川の上流部へアプローチを変えて行ってみる。地図で見ていつかは行ってみたいと思っていた場所。道中は私の乗るミニバンでは底を擦りそうな感じだった。車高を上げた、オフロードを気兼ねなく走られるSUVが欲しいですw
入渓ポイントは昨日の退渓ポイントより、標高が100㍍高い。目の前に大場所がありキャスト開始。3匹いたが、ヒットさせられたのは1匹だけ。サイズは20㎝。下流部よりも朱点の色が濃いヤマトイワナ。
ss-IMG_3706.jpgss-IMG_3697.jpgss-IMG_3700.jpg
ss-IMG_3715.jpgss-IMG_3721.jpgss-IMG_3745.jpg
高巻きを繰り返し、釣り上がって行く。最大は23㎝だった。
ss-P1020291.jpgss-P1020299.jpg
下流部から上流部までヤマトイワナが生息していることが確認出来たので探釣を終了とした。
数年前にこの川を探釣していた私、センスは悪くなかったですね。しかし、この川には堰堤が沢山あり、周辺には土石流が出る危険な川があり、他にも未だ堰堤工事をしている川もある。ヤマトイワナがひっそりと子孫を繁栄させていくには厳しい環境ですね・・・。因みに、何をもってしてヤマトイワナと言うのか?私は以前に水産試験場の研究者を招いて、研究報告を用いた「イワナ」の生態・繁殖環境等々について話しを聞いたことがあります。その時に聞いたヤマトイワナの話しを参考にして、ヤマトイワナと判断しています。
電話で話すことが出来なかったので釣友にメールしたら、「誰にも言わないから、今度連れて行って。」と。しかし、特定のキャスト方法が必要なこと、そして危険が伴うことを告げて断りました。あくまでも探釣だったので、まだ釣友は連れて行くことは出来ませんね。自分自身もあまり行かないような気がします・・・
ss-P1020301.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗なヤマトイワナですね

mckeeさん、こんばんは。
うらやましい限りです。綺麗なヤマトイワナですね。
そんな渓がまだあるんですね。
いつかそんな探釣をしてみたいです。

No title

こんにちは。
あれま、25日行ってたのね!
携帯でお誘いしたんですが・・・。
(携帯メール届いてない???)
まあ、綺麗なヤマトで裏山です!
私もかろうじてヤマトに会えましたよ。
また次の機会にでも、ご一緒しましょうね。

No title

SHIGEさん

こん○○は(昼夜兼用)
ヤマトイワナは綺麗でした。
ただし、渓相がね・・・・趣がなく、ちょっと残念です。

No title

NOBUさん

携帯にメール届いてないですw届いていれば、きちんと返メールして一緒したかったですよぉ。
NOBUさんのPCアドレスに、私の携帯アドレスを送っておきますので、また誘ってくださいね~

No title

mckeeさん、こんばんは。
良い釣りをしてますねぇ ~
羨ましいでぇぇ~す。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。