スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

mckee漁協へ行く

1/21夜勤明けで眠いのをガマンして、漁協へ年券の更新に行きました。
事務のおNeiさんとの会話。

お「いつも何処で釣りします?」
私「太田切川です」(あえて言ってみました)
お「今年からC&R区間は解除します。ですので、乱獲しないようにして下さい。」

おNeiさんに言っても仕方ないので言いませんでしたが、なぜC&R区間を解除するのか、漁協は説明をする必要があると思います。まあ、仮に説明があったとしても、納得できるものではないでしょうがね・・・
私は組合員ではないのですが、漁協には聞いてみたいことが山ほどありますね。例えば・・・
漁場を作るために成魚放流する訳ですが、成魚放流は資源増殖にはならないことを分かっているのか?
発眼卵の埋設放流をしているが、イワナが選択する微小生息場所の物理的環境を分かっていて放流をしているのか?
などなど・・・商業資源ではないため、増殖しなくても漁協は困りませんがね^^;

おNeiさんが言った「乱獲」という言葉、久々に聞いた。たぶん、「もの凄く釣って持って帰る」って言うのが乱獲のイメージになっていると思うのですが、そうじゃなくても乱獲になる可能性があるんだよなぁ・・・と思いながら帰って来ました。
最後に、組合員が言った素晴らしい一言をどうぞ。

「俺に釣れる魚を放流しろ!」

ss-P1020473.jpg




















以下、落書き。

① C&R試行実験
・5月から9月に13回の釣行
・CPUEは減少しなかった。再補個体の出現率は増加した(60~70%)
・全体の35%、成熟魚の59%がC&R個体
・C&R個体の期間中の死亡率は2%
・生息尾数は調査前後でほぼ同等
・渓流における釣獲個体の持ち帰りはイワナ資源の減少の大きな要因であり、C&Rは資源の維持に効果がある
CPUE:Catch Per Unit Effort(単位努力あたりの漁獲量)

② SPR解析による資源診断
・C&R試行実験で得られた特性値を使って資源診断
・この調査の漁獲圧では%SPRは28% 乱獲ではない
・C&R制限では%SPRが20%を下回るのは1122回の釣行で、15㎝制限だと年間に18回の釣行で乱獲になる
・野生のイワナ郡を利用するには漁獲制限は必須
・現行の禁漁期間と15㎝制限では不十分
SPR:Spawning biomass Per Recruitment(加入量あたり産卵資源量)

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
ご忠告通り管釣りは中止致しました。天気予報で、最高気温が氷点下の真冬日だったんで、まぁ当然でしょう(笑

私も組合役員の言葉を・・・「魚の放流は全て組合員が釣るためなんだ。持ち帰っちゃいけないなんておかしい
                 
漁協も理由を言えば良いのにねぇ~↑。支持不支持は別にして、ここに至る理由はあるはずだから、文章にして組合長の名前で広く告知するべきだと思います。

そう言えば、水試の方が「持ち帰るイワナ(体長制限)を25cm以上にすれば、計算上はイワナは減らない」って言ってましたよね。でも、「体長制限は守られそうも無いから、一律持ち帰り禁止にした方が管理しやすいでしょう」って続きも有りましたね。

おはようございます

多分本年初コメント・・・
開けお目ことヨロです・・・^^;

乱獲ねぇ~~
難しいコトは判らんのですが、後先考えない人間の都合に、翻弄される魚や動物たち。

もし自分だったら・・・
ある日眼が覚めると、見たこともない場所に放り出されてました。
親兄弟はもちろん親戚縁者は全くいない・・・
どうしようって不安に・・・旅の恥はかき捨てとばかりに・・・

養殖成魚の放流での弊害のお話し、私も以前ある方から聴いたコトがあります。

No title

なぜC&R区間をなくすんでしょうかね。

魚を保護するためには有効な手段なのは明白です。
(魚を保護する意思がないということですかね)

こちらも漁協の支部により考え方がまちまち。
組合員だけが楽しめば良いという考えをもっている支部もあります。

こちらではヤマト岩魚の生息域まで放流ニッコウ岩魚が生息してきました。
そして、交配が進んでいます。
理想とすれば、ヤマト岩魚のみ放流すればいいわけですが、ヤマト岩魚の飼育にはコストがかかる為なかなか難しい現実があります。

源流域で在来のヤマト岩魚を保護する為には、反対意見もありますが、放流ニッコウ岩魚をキープする事も必要と思います。
これを言うと乱獲者とみられますが・・・。

No title

自営業FFさん

よく覚えていましたね。
24㎝制限の場合、%SPRが20%を下回るのは1055回の釣行でしたね。
大型魚になると、生息数が少ないから再生産にはあまり寄与しないってことでしたが、成長停滞率の尾又長L∞27㎝だそうです。つまり27㎝以上は年間成長が遅いってことですね。

No title

タッキーさん

こん○○は(昼夜兼用)
おっしゃる通りで、魚には何の罪もありませんね。
人間がもっと考えないと、いけない時代になってきていると思うのですが、全ての人がそう思っていないのが何とも・・・

No title

山猿さん

上伊那の漁協が何を考えているのか、未だにわかりません。

放流してそれを釣って楽しむことに何ら問題はないと思いますが、放流する場所や方法については、漁協は考えていただきたいですね。
ヤマトイワナのみの生息域に、ニッコウを放流するのは問題ですね。遠山漁協が行っている活動は参考になると思うのですが、関係者は知る気もないのが現状でしょうね・・・

乱獲

mckeeさん、こんにちは。
漁協の関係者に、「乱獲するな。」なんて言われて、
mckeeさん、良く「お前に言われたかぁないよ。」と、
怒り出さなかったですねぇ ~

もしかして、そのお姉ぃさんが可愛かったりして ・・・
エッ !!  そう言う次元の話しじゃぁ無い ・・・
どうもすみませんでした。

No title

こんばんは~♪

年券購入し準備万全ですね(^^)

嫌な一言ですね(ーー゛)
しかし説明くらいして欲しいですよね。

No title

けばりさん

おばさんおNeiさんはあくまでも事務員ですから・・・役員でもいようものなら、文句の一つも二つ三つ言っていたと思います。

No title

やすえさん

準備だけは出来ました^^
でも、何かこう「もやもや感」みたいのがあって、スッキリしないですねぇ・・・

No title

山猿さんの「ヤマトの域にニッコウ放流。だからヤマト域で釣れるニッコウはキープ」それは種の保存のため。

私も、某県の某河川で
居るはずの無いニジマスが釣れたらキープしてました(笑)

====

漁協には色々きいてみたいことはありますね。

長良川でよくある、この時期の「吉田川のライズ」。
フライマンがライズに翻弄されてるんですがね(笑)
その光景を上から見てたおじさんがヒトコト
「漁協もなかなか釣れないアマゴばっかり放流しないで、ニジマス放流したら、もっと魚釣れるのにな~。
わざわざ来てくれてる人に申し訳ない。」
他府県ナンバーの目立つこの場所の駐車車両。

このおじさんのヒトコト
捉え方は人それぞれですね~。

でも私はこのおじさんのヒトコトを聞いて
いろんなことを考えました。その答えはまだ出てませんが。
ただ、このおじさんのヒトコトは
とても暖かく、なんの違和感も無く私の中に入ってきたことはたしかです。

こんばんは

今年の大田切川は、ちょっと気になるので、是非に出掛けてみようと思っています。
でも、年券まではどうしようかなぁと、考えどころです。
しかし、木曽ヤマトにもかなり満足して来たところで、
次は天竜ヤマトに逢いたくなっています。

う~ん、梓川漁協と安曇漁協に加え、天竜漁協となると出費がかさむなぁ・・・(苦笑)

No title

ちさやんさん

「おじさんのヒトコト」確かに一理あるんでしょうね。

大物を狙う、釣った魚を食べる、とにかく沢山釣る、釣りをするまでのプロセスも楽しむ・・・などなど。視点が違うから、全ての人が満足できることって、なかなかないでしょうね。

魚と釣りの環境を考えつつ、楽しく釣りをしたいと思いますね。

No title

hajihaduさん

私は、木曽のヤマトに逢いに行きたいです^^タナビラも釣りたい^^

こちら側は、中アと南アのヤマトに逢いに行けますが、確実に逢えるとは限りませんねw
あっ、今年は遠山のヤマトにも逢いに行きたいです^^
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。