’12.7.31釣行記

もう7月も終わろうとしている。各地で猛暑日だった。
そんな日、私は源流を目指していた。先日も行ったが、水量が多くて断念していた場所。下流域は減水しているので、再びチャレンジ。
入渓ポイントから、いいポイントが連続するも釣果なし。チェイスもなし。人口造形物もなく、取水される前の源流。押しの強い流れが行く手を阻むが、なんとか突破しながら上流へ。入渓ポイントから見えた場所が、魚止めの滝だった。
左岸は岩盤、右岸はガレ場で上流へ行くには流れを泳いで行く他はない。そこまでしても釣果はないと思い撤収。これが、 源流。
ssP1030667.jpg

別の源流へ探釣。こちらは是が非でも徒渉しないと行けない場所。今回は難なくクリア。2段ある堰堤下まではチェイスもあった。2段目の堰堤を越えるのが難儀。左岸は岩盤なので、右岸でチャレンジ。ガレ場を登って行くが、トゲのある草が生えていて、手が傷だらけw。途中で木を掴みたい所だが、タラノキw里山と違い、幹に生えているトゲがハンパないw
こちらもすぐに魚止めの滝。釣果は無かったけど、自分自身の経験になりました。仮に187がいても釣果は見込めないですね。こっちも、源流。
ssP1030669.jpg

それから、渓の移動。水量が多いと堰堤下まで到達出来ない場所へ挑戦。今回は行けるのか?
チビイワナのチェイスがあるがヒットしない。
本日、最初のヒット。手のひらサイズだが、敬意を込めて撮影する。だって、最初に釣れたイワナです。この後に釣れなかった場合、唯一ヒットしてくれたイワナとなる訳で、感謝して撮影をします。大きさは関係なく、ヒットしてくれたことが大事です。
ssP1030671.jpgssIMG_8850.jpgssIMG_8854.jpg

だが、もう少し減水した方が釣りやすいw何とか徒渉を繰り返して釣り上がります。こんなポイントで、流れだしに付いているイワナ。アップクロスでキャストしますが流れが強いので、ヒットしたら引き抜かないとダメです。ここまでに何回もバラしています。2投目でヒット。ヒット後、リーリングしてラインにテンションが掛かった瞬間に躊躇せずに引き抜きました。
当然、どこに引き抜くか決めていたので、出来るだけそーっと着地。すぐさまネットに入れて水に浸します。
私としては上出来の26㎝。良型がヒットし、嬉しいです。さらに釣り上がりますが、大淵が、フルキャストしても奥まで届かない「超大淵」になっていて、上流に向かうのは無理と判断し、川通しで戻ります。もう何年も辿り着いていないあの堰堤下・・・いつになったら行けるんだろう??
ssP1030678.jpgssIMG_8902.jpgssIMG_8869.jpgssIMG_8875.jpgssIMG_8878.jpgssIMG_8896.jpg

さて、@2ヶ月です。私は自分の釣りを追求していきます。
ssP1030673.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
地図上に”魚止めの滝”は何箇所かに有りますが
ポイントとしてはイマイチの場所ばかりですね。

沢筋の魚止めの中には小さな滝を過ぎるとイワナが居なくなり、エッ、(もしかして)これ!
って言うくらいの(規模の)魚止めもありましたよ。
でも、こっちの方が良いのが居たりして(笑

ではでは。

Re: タイトルなし

自営業FFさん

毎度です。
どこまでイワナがいるのか、どんなイワナが釣れるのか、調べてみるのは面白いですよね。
ただ、規模が小さいので、ポイントとしては確かにイマイチですね^^;
だけど、まだ調査してみます。ルアーで釣れる渓を探して^^

mckeeさん、まいどです。
高巻きアタックは無理しないでね~
僕は何度もドボンi-201してます(笑)
自分に納得のいく釣りを追求して下さい。
やはりそれが楽しくって釣りが止めれない理由ですからね。

一番目の写真の淵なら
大物が潜んでいそうです。

連日暑いですね。
こんな時は、源流ですね。

こんにちわ。
暑い日が続きますね。
源流のどこまでイワナが生息しているのかを調べながら釣りを楽しむのは面白そうですね。沢登の経験と知識がついたら、いつかやってみたいです。あと体力も(汗)

Re: タイトルなし

camiさん

こん○○は(昼夜兼用)

行きは良い良い、帰りは怖い・・・ではたまりませんから、無理は出来ないです^^;「
「ドボン」だけですむならいいですけど、ケガはしないようにしましょうね^^

禁漁まで@2ヶ月です。やりたいことは出来るだけやっておきたいです!

Re: タイトルなし

山猿さん

こん○○は(昼夜兼用)

最初の画像の淵なんですが、以前はイワナがいたそうです。
今回はチェイスはなかったのですし、魚の気配がありませんでした・・・

釣れないことも多いですが、調査は面白いですね^^

Re: タイトルなし

渓流じじーさん

南信州は台風の影響で風がありますが、やっぱり暑いですね^^:

今更なんですが、源流のイワナの調査は面白いです^^
山登りや沢登りの技術を体得できれば、かなり違った調査が出来そうですが、オイラにはそこまでは出来ないです^^;

相変わらずWILDですね

こんにちは。
キズだらけになっても上を目指すなんてすごいね。
今回は、どれくらい歩いたんですか?


こんばんは~♪

調査お疲れさまでした(^.^)
滝はそそられますね(笑)

さて…私も熊のトラウマ引きずりながら
源流の本職へ行こうかな(笑)

Re: タイトルなし

やすえさん

こん○○は(昼夜兼用)

1枚目の画像の場所、内緒ですが・・・数年前に沢ノボラーの女性が亡くなっているようです^^;

この釣行から、爆竹を持って行きました。鈴よりは火薬の臭いの方がクマにはわかるらしいです。

源流調査!

ご苦労様です!!

私も最近似たような事をしてますが中々源流(魚止め)まで行きつけないですね~(汗)

その点mckeeさんは素晴らしい!!

魚の大きさも重要ですがそこに魚が残ってるって事が嬉しいですよね!!

また素晴らしい釣行期待しております!

くれぐれも怪我と熊にはお気をつけて!!

Re: 相変わらずWILDですね

SHIGEさん

毎度です。
今回は、そんなには歩いていません^^;
それでも、自分が釣り歩く渓のことが分かりました。


Re: 源流調査!

anpara-Kさん

毎度です。
目的としていた場所では釣果はありませんでした。でも、そこには187がいないと分かりました。(もしくは、かなり魚影は薄い)

どこにどんな187が生息しているのか、継続調査が必要ですね。ぜひ、協力して調査をお願いします。

拘りの調査活動、お疲れ様です。
ご自分の釣りを追求し、スーパーモデル級に逢えたら最高ですね~♪
mckeeさんの釣行スタイル、大好きです。^^;

Re: タイトルなし

たったんさん

こん○○は(昼夜兼用)
大した釣果はありせんでしたが、渓の調査が出来て良かったですよ。自分で確認することが大事ですから^^

もう来月にはシーズンオフですwスーパーモデル級に出逢えればいいですが^^;でも、いつかは逢えると思って挑戦します^^


プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR