スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’17.4.17釣行記


何気に、サラッと更新。

3月に釣友のシムラーさんと渓流釣行。その時に、4月も一緒に行こうと誘われていたので、予定を合わせて行って見ることにした。
釣行日は、4.17に決めましたが、どこに行くかが問題です。ガチの源流はまだ早い、でも上の方へ、ってことで決定。

雨の影響やら、雪代やらで水量が多いです。少し釣り下ってから、上へ向かいます。上へ向かい出したところでシムラーさんが、ロストルアー。「ラインシステムを組むから、先に行け。」って言われたので、ゆっくりと上流へ。

こちらのポイント。

ssP1070036.jpg

ここまで、瀬に出ているイワナはいなかったし、チェイスもなかった。出てくるなら、石と石の間。スプーンを落として、ジャークすること3回目。「ドンッ」と乗ったので、一気に抜き上げ。
真っ黒のイワナ。石の下にいたから黒いという感じではなく、まだ錆びていました。体高もある、27センチ。いい、イワナでした。

ssP1070016.jpgssP1070021.jpgssP1070033.jpg

途中で、カモシカに遭遇。

ssP1070046.jpg

最後にシムラーさんが、イワナを釣ってくれました。いいイワナでしたし、カッコよかったですよ。

ssP1070060.jpgssP1070061.jpg

ssP1070056.jpgssP1070052.jpg

’16.6.15釣行記

今シーズン、不調な話しか聞かないホームリバーへ。
自分の目で確かめるために釣行。

入渓場所は大きな淵があり、GW前などは放流がある場所。
去年よりも、浅くなっていました。

ミノーをキャストするとチェイスがありましが、ヒットせず。
ちょいと渋いですね。

こちらのポイントにてヒット。手のひらサイズではあるが、嬉しい1匹。

ssP1060669.jpgssP1060680.jpg

それから、暫くはチェイスもヒットも無い。迎えたこのポイント。
以前より、かなり浅くなっている。一見するといいポイントですが、理由があってヒットどころかチェイスしてきた記憶もありません。

ssP1060728.jpg

そんなポイントですが、一応キャストする訳ですよ。わかっているさ、ヒットなんてしないって・・・ところが、まさかの一投目でヒットです。

ヒットしたのはいいんですが、撮影場所がない。左岸の砂地で撮影するしかありません。逃亡される前に証拠写真を撮ってから、撮影に挑みます。
尾びれがデカいし、体高もある。尾びれを撮影するために、フレームに載せていますが、ネットの内径は30センチです。測ってみると、30.5センチ、尺でした。

ssP1060703.jpgssP1060712.jpgssP1060715.jpg

こちらのポイントでも、ヒット。

ssP1060737.jpgssP1060735.jpg

あまりいい状況ではありませんでしたが、イワナがいて釣れることは確認できました。イワナってスゴイですね。

ssP1060742.jpg

’16.6.2釣行記

6/2、前回の釣行で行けなかった渓に行って見る。今シーズンは好調だと聞いている渓。

1時間ほど林道を歩いて入渓地点へ。水量も落ち着いている。水温、気温とも10℃。6月だからウェットウェーディングです。

入渓後、たまにチェイスはありましたが、ヒットせず。やっとヒットしたポイントで、バラしてしまいました。
ランディング出来たのはこちらのポイント。入渓して2時間以上がたっていました。24センチのイワナ。

ssP1060510.jpgssP1060506.jpg

そこから先、しばらくは反応がありませんでした。こちらのポイントの前に、根掛りしてルアーロスト。リーダーを結び直し、仕切り直し。

ssP1060569.jpg

自分がキャストする位置は少し高いところから。1投目は、手前左岸の石下を探る。反応なし。2投目は白泡の切れ目から、石の向こう側を狙う。白泡にキャストし、見えないところで、ミノーのリップが水を噛んでいるのがわかる。ミノーの深度を保ちつつリーリングして、ジャークを入れる。石の向こうからミノーが見えた瞬間、黒い影がドンッ!!!キターーーーーーー

いい引きだ。寄せてきて、手前の石下に潜られるが、自分が下りて行ってネットイン。真っ黒、見た瞬間はヤマトイワナかと思った。頭頂部から、背部に一切の斑点・模様がない魚体。しかし、側線上に薄っすらと白点が見える。上流部の支流にはヤマトイワナが棲息しており、そのためヤマトイワナの血が濃い魚体が本流筋で釣れることはあるが稀である。ヤマトっぽい魚体で体高もあり、28センチとくれば何も言うことはない^^きれいな、いいイワナでした。

ssP1060530.jpgssP1060540.jpgssP1060557.jpg
ssP1060559.jpgssP1060561.jpgssP1060563.jpgssP1060565.jpg

余韻に浸りながら、次のポイント。
左岸の日陰になっている部分に反転流が出来ている。とりあえずは、流れの中に1投目。反応なし。2投目は真ん中の馬の背になっている流れ込み側へ。すると、影になっている反転流から、スーッとチェイス。3投目を同じところへ投げる。追って来た奴が反転したのが見えた。しかし、手応えだけを残してヒットせず。やっちまった、チックンだ….
さすがに、次はないだろうと思いながらも同ポイントにキャスト。着水と同時にヒット!マジか^^;
寄せて来てビックリ。デカいじゃん。ドキドキしながら計測してみると、31センチの尺越えでした^^鼻が曲がりだして、M字になって来ている。こちらも体高のある魚体でした。

ssP1060638.jpgssP1060590.jpgssP1060605.jpgssP1060617.jpg
ssP1060619.jpgssP1060628.jpg

気が付くと、水温は15℃を超えており、冷たさは感じなくなっていた。時合到来か?
25センチを2匹追加。撮影場所を作らずに、ネット内で撮ろうとしたため、2匹とも逃亡されました^^;

ssP1060644.jpg

その後、27センチを2匹追加。

ssP1060647.jpgssP1060649.jpg

ssP1060663.jpgssP1060652.jpgssP1060657.jpg


時刻は13:30。ある支流との出会いまで到達していた。この後も釣り上がれば、ヒット数は伸びるだろう。しかし、ここから歩いて戻らなければならない。2時間位は歩かなければならないことを想定していたので、ここで退渓。

林道を歩き出してすぐに、ウリボウと遭遇。かわいいなと思いつつも、熊鈴を鳴らす。いきなり、親イノシシに出てこられても困るので^^;

ssP1060668.jpg

往復で20kmと予想以上に歩きました。数は出ませんでしたが、気持ちよかった^^

’16.5.20釣行記

釣りに行ってないんじゃなくて、釣果がないだけですw

5/20 シムラーさんとAM5:00に待ち合わせ。
第一に入渓予定の渓は増水しており、遡行が無理なので次の川へ。

駐車した場所から下のポイントでイワナが見える。こいつを狙って見るも、反応なし。

ssP1060439.jpgssP1060437.jpg

しばらく釣り上がるも反応がありません。それでも、シムラーさんにヒットがありイワナをネットインです。

こちらのポイントで私にもやっとヒットです。手のひらサイズですが、嬉しい1匹です。

ssP1060448.jpgssP1060441.jpg

しばらくの間、チェイスどころか魚影も確認できない時間が続く。シムラーさんが小さなポイントの反転流に目を付けた。「出てくるなら、着水と同時だ。」その言葉通りにヒットさせてしまうシムラーさん。カッコイイっす^^

水深は浅く、いわゆる大場所があまりない渓。そんなところで、こちらのポイント。シムラーさんに先にキャストしてもらったが、スピナーが浮いてしまうということで代わることに。

ssP1060479.jpg

1投目、左岸の石下にミノーを放り込んでみたが反応なし。2投目、白泡の切れ目にキャストし、引いてくると石下から出てきてドン!シムラーさんから、「デカいぞ。」と声が飛ぶ。

ここで、思わぬ事件が発生する。
寄せてきた魚をネットに入れるため、背中に手を…ネット、ネット???ネットが無い!!!あたふたしながら、シムラーさんのネットにイワナを収める。

ssP1060470.jpgssP1060471.jpgssP1060473.jpg

28センチの良型。撮影をしながらも、それどころではないのです。「休憩しているから、気が済むまで探して来い。」とシムラーさんから優しいお言葉が。
自分が歩いて来たルートを思いだしながらネットを探す。撮影した後で、ストリングコードを付けていないことに気が付きました。その後で、倒木をくぐる時に、引っかかったことを思い出してその場所へ。倒木へぶらーんと引っかかるネットを発見。

これは、ちょっとした奇跡だと感じました。イワナがヒットしなければ、気が付かなかったわけですから^^

その後、チャラ瀬でヒット。いつもはこんなチャラ瀬を狙うことは少ないため、気持ちがいいっていうよりも、とても楽しい。

ssP1060480.jpg

最後のポイントで、シムラーさんが決めてくれた。良型イワナにご満悦のシムラーさん。久しぶりにイワナ釣りを楽しめたのは、シムラーさんのお陰です。ありがとうございました。

ssP1060483.jpgssP1060486.jpgssP1060488.jpg


ssP1060458.jpgssP1060455.jpg

’16.2.16解禁日

今年も解禁日を迎えました。

すーみすさんと天竜川へ釣行。シムラーさんも一緒の予定でしたが、風邪引いてダウンとのこと。

ポイントへ着いて釣り始めたのは8時過ぎ。日が昇ってからの方がいい。
それにしても、雨後の増水がキツイです。想像していたけど、多い^^;

ssP1060342.jpg

しばらく釣り下って行き、次のポイントを見ていた時、水面から魚の背中が見えました。沈み石を見間違えたかと思いましたが、それっきり出て来ません。そこを狙ってルアーを通しましたが、反応なし。トレースラインを変え、ルアーチェンジして粘りましたがヒットしませんでした。ピンポイントで狙えていないのか、レンジが違うのか・・・でも、次の機会に狙って見るのが楽しみです。

車で移動しながら、下流へ。しかし、南風が強まって来ました。下流から上流へ向けて吹く風のため、ラインスラックが多くなってしまいます。14グラムのスプーンも強風で流されてしまう程です。

お湯を沸かしてカップラーメンを食べてから再開しますが、風が弱まりません。お手上げ状態で、やむなく撤収….

ssP1060351.jpg

すーみすさん、お付き合いありがとうございました。シムラーさん、お大事に。またご一緒願います。

ssP1060347.jpg

祝・解禁。今年も良い釣りが出来ますように。

ssP1060350.jpg
プロフィール

mckee

Author:mckee
187 with Five Stream Stories

「187」という神々しい生き物と、五つの渓の物語。
この物語は、Single barbless hook onlyで行うLFのお伽噺です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。